俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRC ウルトラマン(?)Bタイプ

SRC-ULTRAMAN-B_113+.jpg
今回はSRCのウルトラマン(?)Bタイプです。
「SIC」ではありません、「SRC」ですw
数年前にSAIYUDO(セイユウドウ)というアジアのどこかの国のメーカーが発売したフィギュアです。
もちろん、日本の本家円谷プロのライセンスを取っている商品ではないので、事実上“パチもん”だと思います!
なので、このブログでもウルトラマンという表記はせずに“銀色の巨人”と表記することにしておきますw

それでは、早速パッケージから。

SRC-ULTRAMAN-B_3.jpg 
ご存知の方も多いかもしれませんが、この銀色の巨人はAタイプとBタイプがセットで売られていたのです。
(今回はBタイプのみレビューします。Aタイプはまた後日!)

SRC=Super Reborn Chogokin(スーパー・リボーン・チョーゴーキン)というブランド名がつけられており、明らかに日本のSIC(Super Imaginative Chogokin)を意識した商品です。
フィギュアのサイズもSICとほぼ同じ約19cmです。
「究極重生」と書かれていますが、イマイチなんのことかわかりませんw
Vol.1と書かれているのでシリーズ化するつもりだったんでしょう。。。

SRC-ULTRAMAN-B_5.jpg 
パッケージ背面です。
国内商品に負けず劣らず、しっかりとした作りになっています。

SRC-ULTRAMAN-B_132.jpg
パッケージをよく見てみると、“Tsuburaya Prod. Licensed by T.C.”とあります。
T.C.はおそらく“ツブラヤ・チャイヨー”のことですね。
これを見ても、日本の正規品ではないことがわかります。

このフィギュアのメーカーである「セイユウドウ」ですが、
ひさしぶりにホームページにアクセスしたところ、もうサイトがありませんでした。
数年前までは確かにあったので、例の判決が出た後ぐらいに閉鎖されたのではないでしょうか?(推測です)

制品(製品)素材がABS、PVC、亜鉛合金っていうのがSICそのまんまですねw

プラのマークなど、まるで日本の商品のようです。
台紙が本当に再生紙なのかが気になりますw

SRC-ULTRAMAN-B_131.jpg

さらにSIC意識なのでは?と思ってしまったところが、これ!
このフィギュアの制作に携わったスタッフの名前が載っているんです。

Producer(プロデューサー):shiryu kin(シリュー・キン)
Sculptor(造形師):kanki hayashi(カンキ・ハヤシ)
Design Artist(デザイナー):jim JJ(ジム・JJ)

カンキ・ハヤシさんは日本人でしょうか?
デザイナーさんのジム・JJって人がとても気になりますw

そういえば、数年前にネット上でジム・JJさんのデザイン画?を見つけました。
それがコレ、
ultraman_URS-02.jpg 
なかなかカッコいいですよね~

いずれにせよ、謎なスタッフさんたちですw

SRC-ULTRAMAN-B_5++.jpg
パッケージの商品説明には日本語と英語の両方の表記があります。
日本語も変な文章はないので、日本国内での販売も視野に入れた商品なのかと思いきや…

SRC-ULTRAMAN-B_133.jpg
パッケージの底に“FOR SALE OUTSIDE JAPAN ONLY”=「日本国外販売用」とバッチリ書かれていますw

要するにこのフィギュアは、日本の製品のように見せかけたものということなんでしょうね。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、次は本体を見てみましょう!

SRC-ULTRAMAN-B_15.jpg 
正面。

SRC-ULTRAMAN-B_20.jpg 
背面。

SRC-ULTRAMAN-B_22.jpg 
側面。

SRC-ULTRAMAN-B_11.jpg 
さっき紹介したデザイン画のイメージがけっこうそのままなので驚きです。
マッチョさがやや抑えられているようですが、程よい感じだと思います。
こういう風にウルトラマンのデザインをアレンジしたフィギュアは過去にはなかった(ガレキを除く)のですべてが新鮮です。

SRC-ULTRAMAN-B_103.jpg 
SRC-ULTRAMAN-B_95.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_69.jpg 
顔はBタイプをアレンジしてあるので、目が吊り上がっています。
オリジナルよりかなりつり上がっているので、ちょっとグレイタイプの宇宙人みたいな感じがしますw

目はクリアパーツで作られており、中の蛍光の素材が暗闇で光るそうです(パッケージに書いてありました)。
けど、あまり光りません。。。

そういえば、このフィギュア、目に電飾が仕込んである別バージョンが売られていました。

胸のカラータイマーもクリアパーツで出来ています。
赤いラインの集中する場所にあると、コア(核)って感じがします。

SRC-ULTRAMAN-B_81.jpg 
横顔。
頬にオリジナルにもあったラインがハッキリと出ています。
下あごの先が特徴的です。
個人的には、このアゴのラインはあまり好きではありません。

耳も中にも不思議なディティールがあります。

SRC-ULTRAMAN-B_74.jpg 
ボディは、前回紹介したデザイン画が元になっているので、筋肉のディティールが多く、
かなりマッシブなイメージになっています。

手首にオリジナルでは無かった三角のアーマー?のようなものがあります。

手首と腕の一部に水色でスミ入れがされています。
水色っていうのが、新鮮です。

SRC-ULTRAMAN-B_77.jpg 
背中。
赤い部分の上に銀色のアーマー?が被さっているようなイメージなのでしょうか。
よく見たら、背中にも薄らと水色のスミ入れがされています。

背びれのアレンジもオモシロいですね。

SRC-ULTRAMAN-B_87.jpg 
脚です。
Bタイプ特有のつま先の尖りがあります。

赤いラインは膝よりも下にあります。

ここだけ見たら、ウルトラマンという感じがしませんね。

SRC-ULTRAMAN-B_71.jpg 
既に気づいておられる方も多いと思いますが、腕や脚に筋肉繊維のようなディティールがあるんです!

SRC-ULTRAMAN-B_39.jpg 
太ももの外装を外してみました。
おそらく上腕も同じように外れるのでしょう。

SRC-ULTRAMAN-B_83.jpg 
さらに、腰の銀と赤の境目にも内部に筋肉繊維っぽいディティールが!
全体的にアーマーを着ているという設定なのでしょうか?
デザイナーのジム・JJさんに聞いてみたいですww

そういえば、ウルトラマン ザ・ネクストにも筋肉のようなものが見えていましたね。
(あっちは赤色でしたが…)

SRC-ULTRAMAN-B_24.jpg
Bタイプ用の付属品は、交換用の手首(各2種)と関節の入った足首です。

SRC-ULTRAMAN-B_43.jpg 
手首はかんたんに付け替えることができますが、足首は堅かったのでドライヤーで温めてから付け替えをしました。
もともと本体についている足首は亜鉛合金製なので、設置性はかなり高いのですが、ボールジョイントの関節がひとつなので踏ん張ることができません。
なので、ポーズをとる際には交換用の足首が活躍します。

SRC-ULTRAMAN-B_128.jpg
もともと付いていた脚の裏には、日本では絶対に見られない権利の署名が!

つづいて、いろいろポーズをとらせてみました。

SRC-ULTRAMAN-B_57.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_59.jpg 
平手を使ってファイティングポーズ。

なかなかカッコ良く決まりました。

SRC-ULTRAMAN-B_51.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_55.jpg 
ウルトラスラッシュ!!

脚の可動もなかなか良くて、立て膝ができました。

SRC-ULTRAMAN-B_46.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_90.jpg 
キック!
股関節もかなり開きます。

SRC-ULTRAMAN-B_27.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_125.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_123.jpg 

SRC-ULTRAMAN-B_118.jpg 
スペシウム光線!!
ポーズはバシッと決まるというわけではありませんが、決して変ではありません。

実はこのフィギュア、肘に仕掛けがあったんです。

SRC-ULTRAMAN-B_31+.jpg 
なんと、肘が引き出し関節になっているんです!
通常は左の状態なのですが、これだと腕が90度に曲がらないんです。
でも、右のように引き出してやると曲がるようになるので、スペシウム光線のポーズがとれるようになります。
このフィギュアの発売当初(2006年あたり)は引き出し関節は画期的でした!

ただ、引き出すときに関節のパーツが左右に分解しそうになるので注意が必要です。

SRC-ULTRAMAN-B_110.jpg
シュワッ!!!

あまり胸を反らすことができないので、飛びポーズはこれが限界です。

SRC-ULTRAMAN-B_64.jpg 
というわけで、銀色の巨人のレビューでした。

このフィギュア、全体的に色の塗り分けも丁寧で海外製品にしては良く出来ていると思います。
ただ、何回もポーズをつけていると、あちこちの関節がどんどんユルくなっていくので、
関節の作りはやや頼りない感じがします。

とはいえ、日本国内では円谷プロが許可しなさそうな大胆なデザインアレンジがとても新鮮で楽しい一体でした。

日本では正規の商品ではない、いわゆるパチもんですが、ネット通販ではまだまだ手頃な値段で手に入るようです。
興味のある方は、一度調べられたらいかがでしょうか??

それではまた!





スポンサーサイト

figma仮面ライダーウイングナイト

 figma-MRwingknight165+.jpg
今回はfigmaの仮面ライダーウイングナイトです。
昨年末にレビューしたドラゴンナイトと同シリーズです。
当初、ウイングナイトは購入する予定ではなかったのですが、ドラゴンナイトが予想以上にスペックが良かったおかげで、ウイングナイトも買っちゃいました。
こちらもドラゴンナイト同様、かなり良い出来になっています。

それでは、見ていきましょう。

figma-MRwingknight36.jpg 
直立。
figmaはフィギュアーツに比べて、なぜかポーズをとらせやすい印象があります。

翼召剣ダークバイザー(龍騎での名称)はベルトの脇にあるホルスターに差し込むことができます。

figma-MRwingknight150.jpg 
アドベントカードはドラゴンナイトの時と同様にプリントされているので、
手にしっかりと差し込むことができます。

figma-MRwingknight162.jpg 
目の部分はクリアパーツではありません。
パッケージ写真ほどアゴが引けない気がしました。

figma-MRwingknight42.jpg 
やっぱり、股関節のパーツを隠してあるおかげでかなりリアルな雰囲気になります。

figma-MRwingknight48.jpg 

figma-MRwingknight25.jpg 

figma-MRwingknight57.jpg 

figma-MRwingknight65.jpg


figma-MRwingknight67.jpg


figma-MRwingknight50.jpg 


figma-MRwingknight71.jpg 
やや剣の持ち手がユルい気もしますが、
剣を持たせたポーズはバッチリ決まります!

figma-MRwingknight82.jpg 
「うおおおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」


figma-MRwingknight129.jpg 

figma-MRwingknight103.jpg 
ウイングランサー(龍騎での名称)も付属。
持ち手首のパーツはダークバイザーを持つ時のパーツと同じ。

figma-MRwingknight91.jpg 
ダークウイング(DKでの名称はブラックウイング)のマントは布製。
中に針金が仕込んであり、動きをつけることができます。
ただし、私が下手なだけかもしれませんが、このマントを上手くなびかせるのにはセンスが必要です。

figma-MRwingknight6.jpg 

figma-MRwingknight93.jpg
ウイングランサーの金色はキレイに塗り分けられています。

figma-MRwingknight117.jpg 
ファイナルベントの「飛翔斬」を再現してみました!

…けど、あんまり雰囲気でなかったですね(苦笑)

figma-MRwingknight123.jpg 



figma-MRwingknight142.jpg 
ドラゴンナイトとツーショット。

figma-MRwingknight161.jpg
日本版の龍騎と違い、共闘することが多いので、こういう撮り方をしてもあまり違和感がありません。



figma-MRwingknight138.jpg

figma-MRwingknight140.jpg
「トリックベント!」
弟が買ったウイングナイトを使って再現してみました。
あともう1体あればもっとそれらしかったんですがね~。

ドラゴンナイトになりたてのキットをレンが特訓しているイメージです。

この構図も、日本の龍騎では全然意味合いが変わってくるのがオモシロいところです。

figma-MRwingknight151.jpg 
というわけで、figma仮面ライダーウイングナイトのレビューでした。

クールな印象なので、ブラックの背景が良い雰囲気になるのではと思ったのですが、
濃い青色のボディが背景に溶け込んでしまい、なかなかしっかりと撮影することができませんでした。
ライティングは本当に大切ですね。

さて、このアメリカ版龍騎こと「仮面ライダードラゴンナイト」ですが、
日本で放送した回以降の話がとてもオモシロいです!
なんであそこで放送を打ち切ったのか、ほんとうに悔やまれます。

いまDVDの8巻を見終わったばかりですが、ここまできたら、もうほとんどが新撮のアクションシーンばかりで毎回見応えがあります。
少しネタバレになりますが、仮面ライダーラス&ストライク(オーディン&王蛇)VS仮面ライダーウイングナイト&セイレーン(ナイト&ファム)の死闘が何回も見れるんです!
なにせセイレーンがかなり活躍するので、日本版では見られなかった強いファムを見ることができるのが嬉しいですね。(ラスと1対1で互角に戦うんです!)

新撮のアクションシーンだけでなく、ドラマの方もとても見応えがありオモシロいですょ。

『仮面ライダードラゴンナイト』は平成仮面ライダー好きならば絶対に見なくてはいけないシリーズだと、あえて私は言い切ります!!!


さぁて、次は仮面ライダーセイレーンと、ストライクと、ラスが欲しいなぁ~。
すでに私の中では購入決定ですけどねww

《END》

ULTRA-ACT エレキング

UA-eleking60+.jpg

今回は、2010年の末に発売されたULTRA-ACTのエレキングのレビューです。

エレキングといえば!
2011年1月1日にBSで放送された「徹底検証!ぼくらのウルトラマン伝説 ~昭和のヒーロー「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」誕生秘話~」で、セブンの中で好きな怪獣1位に選ばれた怪獣です。
初登場から40余年が経っていても、いまだに人気の怪獣です。

M1号 ケムール人(三期)

 DSCF3842.jpg
今回の特撮フィギュアは、伊藤にとって思い出深いソフビの紹介です。
M1号のケムール人(三期)です。
もう、伊藤はこのソフビが大好きなんです!
一生、手放しません!
死んだときは一緒に燃やしてください!
それくらい思いの強いソフビフィギュアです。

~以下、伊藤の思い出話~

私がこのケムール人を知ったのは、1991年の冬頃だったと思います。
小学生だった私は、当時最新のウルトラマンだったグレートが表紙に載っているこの本を両親に買ってもらいました。
ホビージャパンエクストラ 91年冬の号 THE ULTRA 
ホビージャパンエクストラです。
いま思えば、なぜうちの親は小学生にこんな本を買い与えたのでしょうw

まぁそれはいいとして。

この本の中にM1号製のケムール人の記事が載っていたのです。
私はそのケムール人の写真を見て、一気にそれがほしくなりました。
(写真は1期のマルサン版と2期のブルマァクカラー版が紹介されていました)

当時は、まだバンダイのスタンダードソフビにケムール人はなかったのもあり、ケムール人のフィギュアという存在自体がとても魅力的に感じたものです。
また、当時の私は、小学生だったにもかかわらず、マルサン/ブルマァクのレトロなソフビが欲しくてしょうがありませんでした。
しかし、小学生に、骨董品として取り扱われていたそれらソフビを買えるはずもありません。

小学生の私にはマルサン、ブルマァク製のソフビは憧れの対象でした。

なので、このケムール人は当時のテイストを持ちながらも、昔のソフビより安価だったことが感激だったのです!

しかし。。。
90年代初頭といえば、いまのようにコレクターズショップが多くあるような時代ではなく、ましてや行動範囲の狭い小学生はこのケムール人でさえ買える代物ではなかったのです。
近所のおもちゃ屋を必死になって巡りましたが、売っているわけもなく、結局買えずに悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

そして、年月が過ぎて、大学生のある日。

ヤフーオークションでM1号製のケムール人を見つけたのです!
小学生の頃に思った「欲しいっ!」という気持ちはまだ私の心の中にしっかり残っていたんですね。
たいしてお金があるわけでもないのに、頑張って落札しました。

それが今回紹介するこのケムール人です。

DSCF3843.jpg
残念ながら、小学生の頃に見たブルマァク版ではなかったのですが、当時のHJエクストラで見たケムール人とまったく同じ形をしているこのソフビを手に入れられて、とても感激していました。

~思い出話終~

前置き話が長くてすいません。
子供の頃に見たフィギュアでも、ネットを探せば見つかるかもしれない…
こういう良い時代が来てくれて本当によかったなぁ~と、このケムール人を見ていると思うんです。
 DSCF3847.jpg

DSCF3851.jpg 

DSCF3858.jpg 

DSCF3869.jpg 

DSCF3870.jpg 
今回はちょっと(てか、ガッツリ?)思い出話をしてしまいましたw
昔のことを思い出すと、当時の自分は、なんとマニアックな小学生だったんだろうと思ってしまいます。
あの頃の私は「ブルマァクのエビラが欲しい!」とよく両親に言っていたそうですww

それでは、また!






変形!ジャンボット

今回は、ジャンバードに変形するジャンボットのフィギュアをレビューします!

janbot_4.jpg 

食玩の『アクションアーカイブ ウルトラマンゼロ』のシリーズの「4.変形!ジャンボット」です。

このフィギュア、低年齢層をターゲットにした商品のわりには、かなり動くんです!
さらに、ジャンバードにも変形するという驚きの商品です。
おそらく商品化されているジャンボットの中で唯一変形できるフィギュアでしょう。

それではさっそく見てみましょう!

janbot_16.jpg 
本体はすでに組み立てられており、シールドなどにシールを貼るだけで完成です。

janbot_19.jpg
説明書は最近の食玩ではおなじみのパッケージの裏に印刷されています。

janbot_24.jpg 

janbot_29.jpg 

janbot_35.jpg 
シールを貼って、シールドを両手に装着させて完成!
う~ん、顔が似てない…
全体のバランスもちょっと違うような…

と、少しテンションが下がってしまうんですが、動かしてみると…

janbot_74.jpg
意外と動くじゃん!

janbot_38.jpg 
右腕のシールドにジャンブレードを装着しています。

janbot_84.jpg
背中のブースターでダッシュ!!!

janbot_79.jpg 
アゴが引けるので、巣立ちもカッコいい!

janbot_57.jpg 
ハイキック!!
わりと股関節の可動範囲も広いです。
しかも足首が別パーツでボールジョイントが仕込まれているので、設置性が良いです!


janbot_68.jpg 
ジャンキック!!
脚の裏はスカスカですが、そこはまぁ食玩なので…汗

さらに…


janbot_55.jpg 
ジャンナックル!!

janbot_51.jpg
ジャンバードに変形させるために腕が取り外し可能なので、劇中のようにジャンナックルも再現可能です!


janbot_90.jpg 
顔面は横から見ると違和感ないですね。
もう少しエラがはっていると似てたのになぁ~残念!

首は可動範囲が広いので、アゴが引けたり、上を見上げることもできます。

両腕の付け根は、前後への可動があるので肩が引けます。

janbot_94.jpg 

janbot_97.jpg 
両腕、両脚とも食玩にしてはかなり可動できる方だと思います。
足首が踏ん張れるおかげでポーズのバリエーションが増えるので、嬉しいです。

janbot_99.jpg 
ジャンブレードは安全のため縁取りがしてあり、シールドから着脱可能です。
緑色はシールで処理しています。

janbot_140.jpg 
サイズは約14cm。
ROBOT魂のガンダムと比べるとこんな感じです。


さて、いよいよジャンバードに変形させてみたいと思います。



【ジャンバードへ変形の仕方】

janbot_101.jpg
1、両腕・両脚を本体から取り外します。


janbot_104.jpg
2、股関節のパーツを180度回転させ、出てきた穴に右腕を差し込み、さらにブレードを装着していたシールドをつけます。


janbot_107.jpg
3、アタマを180度回転させて、後頭部に左肩についていたシールドを取り付けます。


janbot_113.jpg
4、両脚の膝にあるブレード状のパーツを下におろして、膝と足首に角度をつける。


janbot_116.jpg
5、4の両脚を本体につければ完成!

ブレードと両肩、片腕が余ってしまいましたが、気にしないw


janbot_124.jpg

janbot_129.jpg
関節の部分が細くなっているのが気になりますが、500円の食玩でここまでできたらOKでしょう!!


janbot_137.jpg 
というわけで、ジャンボットでした。

予想以上に遊べる食玩です。
上の写真のように創絶のウルトラマンゼロと合わせてみてもいいんじゃないでしょうか。

食玩のクォリティが物足りない人は、スミ入れをしたり、バトルアックスを自作して遊んでみるのもいいかもしれませんね。

このジャンボットは1BOXに1個というアソートのようなので、けっこう売り切れているようです。
欲しい方はお早めに!


《END》

☆あけましておめでとうございます☆

gasyo.jpg

新年あけましておめでとうございます!
HAPPY NEW YEAR 2011!

昨年から始まったこの『特撮フィギュア特捜隊』ですが、無事に初めての年越しをしました!

レビューを見てくださっているみなさん、ありがとうございます☆
まだまだ“ド素人”ですが、今年もどんどんレビューやっていきます!

【2011年の目標】
・フィギュアの撮影テクニックを磨く!
・レビューの更新頻度を上げる!
・フィギュアのポージングのセンスを磨く!

とまぁ、こんな目標で頑張っていきたいと思います。

また良かったらアクセスしてくださいね☆

今年もよろしくお願いします!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。