俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装着変身 仮面ライダー電王ソードフォーム

 SHS-MR-Den0113+.jpg
今回は、仮面ライダー40周年記念映画「レッツゴー仮面ライダー」公開記念として、仮面ライダー電王です!
この映画でも大活躍してくれるのかなぁ~。

SHS-MR-Den03.jpg 
というわけで、今回レビューするのは、装着変身の仮面ライダー電王ソードフォームです!
放送当時に売られていた物ですね。

SHS-MR-Den05.jpg 
いまだにS.H.フィギュアーツで発売されていないのが残念!
…という気にならないほど、なかなか秀作なフィギュアです。

SHS-MR-Den07.jpg 
仮面ライダークウガから続いていた装着変身シリーズですが、この電王になった途端に素体の頭身が変わって、よりアクションフィギュアに特化した形状に変身しました!

SHS-MR-Den010.jpg 
付属のパーツ一覧!

カブトまでは恒例だった「中の人」の顔も無くなり、マスクが着脱式ではなくなりました。
もうそうなったら“装着”じゃないやん!て、感じもしますが、いまのフィギュアーツブランドに移行するまでの過渡期の商品だったと解釈すれば納得もいきます。

SHS-MR-Den015.jpg 
全パーツ装着!
あ、デンガッシャー以外です。。。すんません、忘れてました。

SHS-MR-Den019.jpg
 
SHS-MR-Den017.jpg 
全作のカブトまでと違い、プロポーションも良くなり、フィギュアーツと並べても違和感が無いクオリティです。

SHS-MR-Den020.jpg 
胸のアーマーとベルトのバックルがダイキャスト製です。
ベルトは細かく色が塗り分けられています。

SHS-MR-Den024.jpg 
腕は手首に差し替え用の別パーツがあります。
今のフィギュアーツにはない、手のひらをパカパカと開けることができる手首パーツが付いています。

SHS-MR-Den092.jpg SHS-MR-Den097.jpg 
顔!
フィギュアーツだったら、目はもちろんクリアパーツなんだろうなぁ…なんて思いつつ写真を撮ってました。
でも、メタリックなレッドで塗装されているので、奥行きがあり、電王独特の特徴ある目を上手く再現している方ではないかと思います。
顔面に目のパーツを付けるという制約がありますからねぇ~。

SHS-MR-Den034.jpg 
俺…

SHS-MR-Den033.jpg
 
SHS-MR-Den025.jpg 
参上っ!!

足首がダイキャストパーツなので、設置性が良く、安心してポーズを付けられます。

SHS-MR-Den090.jpg 
このように立て膝も、問題なくできます。
フィギュアーツの前身と言われるだけのクオリティはありますね~。

SHS-MR-Den0107.jpg SHS-MR-Den099.jpg SHS-MR-Den0104.jpg 
デンガッシャー装着!
普段はあまりここまでつけないから、忘れちゃうんですよね~w

SHS-MR-Den048.jpg 
めんどくさいんで、手に持たせちゃいます。
もちろん、腰に付けたパーツが連結するわけではなく、手に持たせているのは一体成形の別パーツのデンガッシャーです。
持ち手首は、パカパカ開くタイプのものです。
意外としっかりと持たせることができないんですよね。
フィギュアーツで採用されなかったわけがわかった気がします。

SHS-MR-Den060.jpg 
SHS-MR-Den052.jpg SHS-MR-Den054.jpg 
オラオラオラ~!!!

SHS-MR-Den065.jpg 
SHS-MR-Den073.jpg 
俺の必殺技…パート2!!!

SHS-MR-Den041.jpg 
へへ~ん。

というわけで、装着変身の仮面ライダー電王ソードフォームでした!
フィギュアーツ並の可動を備えた、かなり出来の良い装着変身です。
パーツがポロポロと外れるといったストレスもありませんでした。

私の中で、電王のアクションフィギュアでイチバンの出来です!!!

あ、ライダーチケットがついてたの、使ってない!!!
しまったぁ~!また忘れた!!




SHS-MR-Den080.jpg 
ちゅど~~~~~~ん!!!

SHS-MR-Den.jpg 

SHS-MR-Den084.jpg 
次回は、引き続き「レッツゴー仮面ライダー」公開記念!
装着変身の仮面ライダー電王プラットフォームとモモタロスイマジンです!
お楽しみに~





スポンサーサイト

特撮リボルテック アンギラス

TR-Anguirus46++.jpg 
今回は特撮リボルテックのアンギラスです!
このアンギラスは二代目なので、同じく特リボのガイガンとセットで買いました~。

フィギュアとしては初代のアンギラスが欲しかったんですけどね…

TR-Anguirus1.jpg TR-Anguirus3.jpg TR-Anguirus5.jpg  相変わらず、パッケージの解説は読み応え満点!!
「出身地:シベリア」の謎に突っ込んだ記述はなるほど!という内容でした。
セミパラチンスク付近の核実験で目覚めたという説がオモシロい!

TR-Anguirus6.jpg TR-Anguirus9.jpg
アンギラス本体は片方の脚と腕が外された状態でパッケージに入っています。
本体に付けるのが堅くて苦労しました。

今回はわりと付属品が少ないですね。
オレンジのボックスは毎回付かなくてもいい気がするのは私だけ??

TR-Anguirus23.jpg
二代目は目がくりっとしていてかわいいのが特徴ですね。

TR-Anguirus25.jpg 
上から撮ると、目が隠れてけっこうイカツイ顔に…
キバが左右に伸びているのがいいですね。

TR-Anguirus30.jpg 
口も開く!
かなり荒々しい表情になります。
歯の塗り分けもキレイ!

TR-Anguirus49.jpg 
顔のどアップ。
造形はいつものことながら、問題無し!!

TR-Anguirus33.jpg 
背中のトゲトゲも完全再現!
フィギュアではこれが難しいんですよね~。
ちなみにPVCで出来ているので、触ってもあまり痛くありません。
折れる心配もナシ!

TR-Anguirus35.jpg 
こいつも尻尾はベンダブル仕様で、いろいろ角度をつけられます。

TR-Anguirus38.jpg TR-Anguirus40.jpg 
両腕。
手首付近にトゲトゲがあるんですね。
コレは知らなかった…

TR-Anguirus44.jpg 
四足歩行の状態から…

TR-Anguirus50.jpg 
二足歩行も可能!
バラゴンと同様、脚の可動範囲が広いので、立ち上がらせることが可能です。
あとは首の可動範囲も広いので、目線がおかしなことになりません。
ソフビでは出来ない、アクションフィギュアならではのギミックです。

TR-Anguirus54.jpg

TR-Anguirus52.jpg 
こういうポーズを見ると、バランを思い出します。
特リボならそのうち発売されるんじゃないでしょうか。
買いますっ!!!

TR-Anguirus58.jpg TR-Anguirus62.jpg 
二足歩行させたら、「ゴジラの逆襲」ですね。
初代アンギラスは、二足歩行のイメージ。
(二代目ですけど…)

TR-Anguirus63.jpg 
ゴジラの仲間になりました。
68年版ゴジラのソフビが無いので、先日レビューしたアメリカ版の初代ゴジラと一緒に。

TR-Anguirus66.jpg 
メカゴジラ“に”逆襲!
アンギラスといえば、メカゴジラにボコボコにされた印象が強く残っています。
(写真のメカゴジラはⅡです…)

TR-Anguirus71.jpg 
というわけで、特撮リボルテックのアンギラスでした。
もともと、けっこう地味な脇役キャラのアンギラス、このフィギュアもほどよく地味にまとまっています。
けっして駄作ではないけど、傑作でもない。
なんかアンギラスらしいw
とても特徴がよく出ています。

あ!!忘れてた!!

TR-Anguirus12.jpg 
ムーンライトSY-3!!

TR-Anguirus15.jpg 
まぁ、もういいっかw

というわけで、また~!!




ウルトラ兄弟の指人形(ブラザーズマントVER.)

YUBI-ultrabros53++.jpg
こんばんは!
今夜の特撮フィギュアはウルトラマンの指人形を一挙に9体紹介します!

最近では、ウルフェスや円谷プロ直営店でしか手に入らなくなった指人形です。
昔は大手の百貨店にたくさん置いてあったきがするんですどね~。

ラインナップも数百体を超えるスゴいシリーズになっています。
息の長いシリーズなだけに、初期の頃の造形と最近の物とではテイストが違ったり、ザ・ウル版バルタン星人や科特隊専用車などのマイナーなキャラ(?)もラインナップに入っているなど、実はスゴいシリーズだったりします。

その中でも今回は、映画『ウルトラ銀河伝説』に登場した“ブラザーズマント版”のウルトラ兄弟をレビューします。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [Blu-ray]大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE [Blu-ray]
(2010/04/23)
南 翔太、黒部 進 他

商品詳細を見る

内山まもるの漫画で見たマントをつけたウルトラマンが実写で見れるなんて!と、ビックリした映画『ウルトラ銀河伝説』
アクションも私好みで、楽しい映画でした(アクションが多すぎて若干疲れますが…)。
実は、近年のウルトラマンの映画の中でイチバン大好きな映画だったりします。
マントを付けたウルトラマン、カッコ良かったなぁ~

というわけで、1体ずつ紹介していきます。
YUBI-ultrabros2+.jpg
YUBI-ultrabros3+.jpg
初代ウルトラマン!
劇中に登場したBタイプマスクが再現されています!
2等身なのにこの再現度!すげぇ…

YUBI-ultrabros6+.jpg
YUBI-ultrabros8+.jpg
ウルトラセブン!
劇中のマスクにはあまり似てません。
目もオレンジでぺったんこな感じなので、これはイマイチ。
ノーマルのセブンの指人形の方が出来がいい。

YUBI-ultrabros11+.jpg
YUBI-ultrabros12+.jpg
ジャック!
初代マンと差別化されたマスクが傑作!
少ないボディーの面積の中にも、きちんと二重のラインが入っており、二等身にもかかわらず、しっかりと特徴はおさえてあるのが素晴らしい!

YUBI-ultrabros14+.jpg
YUBI-ultrabros16+.jpg
ウルトラマンエース!
オリジナルの目が黄色のキャラクターはオレンジに近い色で塗装されています。
可もなく不可もなくという感じ。

YUBI-ultrabros20+.jpg
YUBI-ultrabros23+.jpg
タロウ教官!
やっぱり目が残念な感じです…

YUBI-ultrabros25+.jpg
YUBI-ultrabros26+.jpg
ゾフィー!
傑作というわけではないけど、目が落ち着いた感じになっているのは着ぐるみを再現しようとしていてGOOD!

YUBI-ultrabros30+.jpg
YUBI-ultrabros32+.jpg
ウルトラの父!
劇中では強敵のベリアルと互角に戦っていた!強い父が見れて嬉しかった!
父のマントは兄弟のマントと形状が違ってましたが、それも小さいけれどきちんと再現してある。
2等身になったときの父の安定感はスゴい!
強そうだ…!!

YUBI-ultrabros37+.jpg
YUBI-ultrabros39+.jpg
ウルトラの母!
劇中の声が好きではなかった…
この指人形もイマイチ。
どうして最近のウルトラの母は、どれも目が吊り上がっているんだ?
ウルトラマンタロウに登場した初期の母のマスクの方が好きなんだけどなぁ…

YUBI-ultrabros41+.jpg
YUBI-ultrabros43+.jpg
YUBI-ultrabros45+.jpg
ウルトラマンレオ!!!
今回の目玉はコレ!
最近発売されたばかりの商品です。
『ウルトラ銀河伝説』には、このマント姿で登場しませんでしたが、昨年末にリリースされたDVD「ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE IIゼロの決死圏」に登場した際のレオが再現されています。
ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE II<最終巻>ゼロの決死圏 [DVD]ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ STAGE II<最終巻>ゼロの決死圏 [DVD]
(2010/12/22)
南 翔太、小西博之 他

商品詳細を見る

レオが付けているのはブラザーズマントではなく、レオマント!
キングから授かったものですね。
しっかり装着すると肩にキングのようなプロテクター?が現れるようです。
これも目がぺったんこの塗装ですが、指人形でレオがリメイクされたのは嬉しい!
アストラも是非リメイクして欲しい!

というわけで、最後は集合写真!!
YUBI-ultrabros52+.jpg
YUBI-ultrabros58+.jpg

それでは、また次回!!



大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE Visual File大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE Visual File
(2010/01/21)
円谷プロダクション、 他

商品詳細を見る

バンダイアメリカ製6.5インチ 初代ゴジラ

65inch-Godzilla66+.jpg 
今回はバンダイアメリカ製の6.5インチ初代ゴジラのフィギュアをレビューしたいと思います。

スーパーロボット超合金 シンケンオー

 SR-SHINKENOH-126+.jpg
スーパーロボット超合金を初めて買いました!
先日、フィギュアーツのシンケンレッドが自分の中で大ヒットだったので、その勢いで買いました!
これからスーパーロボット超合金でも、特撮ロボのラインナップが増えて欲しいですね~。

超絶な可動をしてくれるキングダーク(オールライダー版)とか!
あ、売れないか…ww

初めて買ったシリーズなので、全てが新鮮なシンケンオーいってみましょう!

まずはパッケージから。

SR-SHINKENOH-2.jpg 
ポップな感じに和の模様が合体したパッケージデザインです。

SR-SHINKENOH-4.jpg 
パッケージ背面。

SR-SHINKENOH-6.jpg 
開封直後。
そんなにいっぱい付属品はありません。

SR-SHINKENOH-9.jpg 
正面。

SR-SHINKENOH-19.jpg 
側面。

SR-SHINKENOH-15.jpg 
背面。
ネジ穴が目立たない作りになっているのが嬉しいですね。

SR-SHINKENOH-18.jpg 
“超合金”は、やっぱりズッシリと重くて安定感があります。


SR-SHINKENOH-48.jpg

両腕もここまで上がる!
顔も上を向く!

SR-SHINKENOH-22.jpg 
肘は引き出して曲げることができます!
なるほど!

SR-SHINKENOH-26.jpg 
脚は、ダイキャストパーツが多いので膝の関節も安心!
カチカチ…と音がして曲がります。

SR-SHINKENOH-43.jpg SR-SHINKENOH-46.jpg 
龍折神・熊折神の足首は引き出すことができ、さらにダイキャストパーツのため、設置性がかなり高い!

SR-SHINKENOH-37.jpg
 
上半身はABS樹脂製。
獅子折神の目はもちろん、腕の亀や猿の折神の顔もしっかり塗装されています。

SR-SHINKENOH-121.jpg 
よく動く!
関節もしっかりしていて、動かしていて不安がない!
やっぱり超合金は丈夫がいちばん!

SR-SHINKENOH-27.jpg
付属品はこの通り。
手首を付け替えてダイシンケンを持たせてみます。

SR-SHINKENOH-132.jpg 
背中には背中には秘伝シールドを装着。

SR-SHINKENOH-33.jpg 
秘伝シールドは手に持たせることもできるので、ちゃんとシールドっぽく使うことができます。

SR-SHINKENOH-66.jpg 
必殺技「ダイシンケン侍切り」のエフェクトパーツ。
透明のプラ版に“斬”と印刷されているパーツを専用の台座に装着します。

SR-SHINKENOH-71.jpg
 
で、こんな感じ。

SR-SHINKENOH-59.jpg 
今回の「!」ポイント。
ダイシンケンが両手持ちできるっ!!!
侍モチーフのロボットなんだからやっぱりできないとね。
肘の引き出し関節と肩の可動域の広さのおかげで無理なくこのポーズがとれます。


テキトーにポーズ。
SR-SHINKENOH-103.jpg 
秘伝シールドは左肩にも装着できます。

SR-SHINKENOH-97.jpg

SR-SHINKENOH-77.jpg 

SR-SHINKENOH-113.jpg 

SR-SHINKENOH-108.jpg
ガンダムなポーズw
ロボットのアクションフィギュアをあまりいじったことがなかったので、どんなポーズにしたらよいかわからず、
ガンプラのポージングを参考にしたらこうなりましたw

SR-SHINKENOH-106.jpg 

SR-SHINKENOH-88.jpg
 

SR-SHINKENOH-65.jpg 

SR-SHINKENOH-96.jpg 
というわけで、スーパーロボット超合金のシンケンオーでした。
可動・造形ともに問題無しの一品です!
ただ組み合わせる物がないので、オモシロくないですね~。

同シリーズでダイカイオーが欲しいです。
敵は切神がいいかな。
着ぐるみじゃなくて、もっとスマートなアレンジのデザインならもっと良し!


次はどんな特撮ロボがこのブランドで発売されるのだろう…気になります。


あ、そうだ、忘れるところだった。
僕の買ったこのシンケンオーなんですが、ダイシンケンを腰に装着できませんでした。。。
やっぱりなにかパーツが足らないようです(TへT)
買われたみなさんはどうでしたか??

コメントやTwitterなどで教えていただければ幸いです。

それでは!

《END》

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。