俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRA-ACT ウルトラマンメビウス 第2回

4月25日に俳優の田中実さんが亡くなったという衝撃なニュースが飛び込んできました。
田中実さんといえば、06年の「ウルトラマンメビウス」でクルーGUYSのサコミズ隊長役が私たちの記憶に新しい役者さんでした。
サコミズ隊長の静かで知的で暖かい、でも存在感のあるキャラクターが、今までのウルトラの隊長のイメージを変えたことは言うまでもありません。

ささやかな追悼ということで、今回は2回目ですがULTRA-ACTのウルトラマンメビウスをレビューします。

UA-ultramanmebius02_0068+.jpg  
メビウスはウルトラ兄弟のルーキーなので、やっぱり爽やかな青空が似合います。

UA-ultramanmebius02_0001.jpg
UA-ultramanmebius02_0004.jpg

パッケージはいつものULTAR-ACTの仕様です。

UA-ultramanmebius02_0005.jpg
開封直後。

UA-ultramanmebius02_0053.jpg 
付属品一覧。
さほど多くはありません。

UA-ultramanmebius02_0007.jpg UA-ultramanmebius02_0009.jpg UA-ultramanmebius02_0011.jpg UA-ultramanmebius02_0055.jpg UA-ultramanmebius02_0057.jpg 
素体の作りは、初代マンやゼロと大きな違いはありません。
関節はしっかりしています。
赤い部分は成形色そのまんまなので、やや安っぽい感じがします。
(いつものことですね。。。)

UA-ultramanmebius02_0012.jpg 
胸の幅がしっかりとあるので、腕を前にしぼるというような動きには不向きです。
顔は目の処理など、初代マンと同じです。
マスクは外れません。

UA-ultramanmebius02_0014.jpg UA-ultramanmebius02_0048.jpg 
メビウスブレス。
成形色がクリアーレッドなので、中央の球体=クリスタルサークルもイイ感じで目立ってます。
塗り分けもしっかりしていてGOOD!

ただこのメビウスブレス、鬼のように外れやすいんですよねぇ~汗
これさえなければこのフィギュアはけっこう良い出来なんだけどなぁ~。
あとでやりますが、メビュームブレードののびているメビウスブレスと付け替えなければならないので、接着するわけにはいかないんですよね~。
あ~、このジレンマ!!

UA-ultramanmebius02_0015.jpg 
メビュームスラッシュ発射ポーズ!
写真を撮る角度でごまかしていますが、腕から連続している肩の銀色のパーツが干渉して、両腕を水平に上げることができません。
なのでやや不完全なポーズです。

UA-ultramanmebius02_0018.jpg 
ファイティングポーズ
メビウスはこれが基本的なポーズですね。
私はあまりこのポーズは好きではありませんが…

UA-ultramanmebius02_0019.jpg UA-ultramanmebius02_0020.jpg UA-ultramanmebius02_0022.jpg 
メビュームシュート!
言わずと知れた、メビウス最大の必殺技!
でも、ボディがしっかりしすぎいて、腕をしっかりとクロスできないんです。
これも角度でごまかしてます。

あとはポーズをつけるときにメビウスブレスがぽろぽろと外れてイライラしましたw

UA-ultramanmebius02_0042.jpg UA-ultramanmebius02_0044.jpg 
付属のエフェクトパーツを使いました。
同シリーズの初代ウルトラマンと違い、手のひらまでクリアパーツという手抜きぶり!
う~ん、塗料で赤に塗りますか…

UA-ultramanmebius02_0034.jpg UA-ultramanmebius02_0035.jpg UA-ultramanmebius02_0039.jpg 
ライトニングカウンター!
ウルトラマンて、パンチ技のイメージが無いので新鮮なエフェクトパーツです。
他のウルトラマンにも流用出来ます。
若干装着がしにくいですが、ドライヤーで温めやれば問題無し!

UA-ultramanmebius02_0032.jpg UA-ultramanmebius02_0026.jpg UA-ultramanmebius02_0025.jpg UA-ultramanmebius02_0027.jpg 
メビュームブレード!!
劇中でもグドンを切ったり、ケルビムにもとどめを刺したりで、けっこう印象的な技でした。
ULTRA-ACTのようなアクションフィギュアだといろいろなポーズがとれるので、ソード系の武器は楽しいですね。
もちろん、これも動かしていると、すぐに外れてしまいます(涙

UA-ultramanmebius02_0046.jpg UA-ultramanmebius02_0050.jpg 
カラータイマーは交換用のパーツがあります。
タイマー部分だけでなく下胸筋ごと付け替えます。

以上、急に思い立ってのレビューでしたが、最後に田中実さんのご冥福をお祈りしつつこの言葉で締めくくりたいと思います。

UA-ultramanmebius02_0064+.jpg 

《END》

スポンサーサイト

CCP ウルトラの父(エース第27話Ver.)

CCP_father_of_ULTRA0031+.jpg 
ひさしぶりのブログ更新です。
今回は、日本橋で突然1050円で売られていたCCP製のウルトラの父です。


【改造】ULTRA-ACTテクターギアゼロ

Custom-TechtergiaZero49+.jpg 
こんばんは!今夜の特撮フィギュアは、ULTRA-ACTのテクターギアゼロです!
ULTRA-ACTのウルトラマンゼロを改造して作りました。

今回は、約1時間でテクターギアゼロを作るお手軽改造術を紹介します!
ウルトラマンゼロと換装可能なので、ULTRA-ACTのゼロを傷つけることはありません。
いつでも元に戻せる嬉しい改造です。

【ULTRA-ACTテクターギアゼロの作り方】

<用意するもの>
(1)ULTRA-ACTウルトラマンゼロ
(2)ウルトラヒーローシリーズEX テクターギアゼロ
(3)カッターナイフ
(4)ドライヤー

Custom-TechtergiaZero2.jpg
Custom-TechtergiaZero6+.jpg
ウルトラヒーローシリーズEXのテクターギアゼロを用意します。
(最近は品薄のようですが、売れ残っている所がまだまだあるので探してみてください)

まずは、各パーツに分割します。
Custom-TechtergiaZero9.jpg 
まずはドライヤーで温めて各部を外します。

Custom-TechtergiaZero13.jpg
 
こんな感じに各パーツに分割します。
ドライヤーで温めると、ナイフで切りやすくなります。

Custom-TechtergiaZero15.jpg 
ゼロの腕に差し込もうと思ったのですが、予想以上にソフビが分厚くて無理だったので、内側に縦に切り込みを入れて装着しやすくしました。

Custom-TechtergiaZero16+.jpg
胸のパーツは背面のディティールに沿って切り込みを入れて装着しやすくしています。

Custom-TechtergiaZero19.jpg 
Custom-TechtergiaZero17.jpg 
顔はアゴまで残しています。
やはりそのまま被せる事ができなかったので、背面に切り込みをいれました。

Custom-TechtergiaZero52.jpg 
ULTRA-ACTのゼロはマスクを外した状態でソフビのパーツを装着します。

Custom-TechtergiaZero11.jpg 
ULTRA-ACTのゼロに装着して完成!
多少手先の器用さにもよるとは思いますが、この状態にするのまで1時間はかかりませんでした。


Custom-TechtergiaZero20.jpg 
おおっ!カッコいいです!

Custom-TechtergiaZero23.jpg 


Custom-TechtergiaZero25.jpg
 
腕のすき間からベースの素体の色が見えてますが、全体的にそんなにバランスも崩れていないし、イイ感じです。

Custom-TechtergiaZero28.jpg 
ぐいぐいと動かせるわけではないですが、上手くパーツを切ってやると可動に影響しなくなります。
その辺りは動かしてみて調整してください。

Custom-TechtergiaZero44.jpg 
頭部は、そのままだとぶかぶかなので、ソフビの頭頂部裏にスポンジかなにかをかませてやると安定すると思います。

Custom-TechtergiaZero43.jpg 
背中のディティールが好きです!
かっこいい!!

Custom-TechtergiaZero39.jpg 
キック!!
腕も肩が水平には上がらないので、やや不自然なポーズになりますが、素体に上から被せているので仕方ないですね~

Custom-TechtergiaZero32.jpg 
というわけで、ULTRA-ACT×ソフビの改造のテクターギアゼロでした。
所要時間が1時間足らずでここまでの改造ができるのは素晴らしい!!
ULTRA-ACTのウルトラマンゼロのプレイバリューが一気に広がりました!!

簡単なのでみなさんも是非やってみてください!

それではまた!








S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーNEW電王ストライクフォーム

 SHF-MR-NewDen-O0068+.jpg
「レッツゴー仮面ライダー」公開記念第3弾!
今回はS.H.フィギュアーツの「仮面ライダー電王ストライクフォーム」のレビューです。

SHF-MR-NewDen-O0001.jpg 
このNEW電王は2009年にYahoo!×BANDAIのコラボ企画としてネット限定で販売されました。
ここから、ネット限定フィギュア大戦が始まったと言っても過言ではありませんww

SHF-MR-NewDen-O0008.jpg 
これが限定の証。

SHF-MR-NewDen-O0006.jpg 
さらにもうひとつネット通販限定の証!
届けられたときには箱の角が潰れてた!!
Twitter上でもよくクレームツイートがみられる某運送屋さんの仕業です><;

SHF-MR-NewDen-O0003.jpg 
パッケージの裏。
最近ではこのグレー基調のパッケージも珍しくなりつつあります。

SHF-MR-NewDen-O0010.jpg
 
開封後。
後ろに台座が付属していました。
台座には特にセリフなどプリントされておらず、市販の物と同じだったので省略。

SHF-MR-NewDen-O0012.jpg SHF-MR-NewDen-O0017.jpg SHF-MR-NewDen-O0019.jpg SHF-MR-NewDen-O0015.jpg 
全体的に作りがとてもしっかりしています。
関節はどれも堅いし、外れやすいパーツもない。
フィギュアーツはもともとここまでのクオリティだったんだと思い出しました。

SHF-MR-NewDen-O0023.jpg 
付属品一覧。

SHF-MR-NewDen-O0024.jpgSHF-MR-NewDen-O0025.jpgSHF-MR-NewDen-O0026.jpg
マチューテディです。

SHF-MR-NewDen-O0031.jpg 
付属のパーツをつけて背中に装着する事ができるんです。

SHF-MR-NewDen-O0028.jpg 
デンガッシャーなどをフル装備するとこういう感じに。
デンガッシャーをつけると、上手く腰のベルトに手をおけないので、やや不自然なポーズになります。

SHF-MR-NewDen-O0035.jpg SHF-MR-NewDen-O0033.jpg 
デンガッシャーはこのような感じで。

SHF-MR-NewDen-O0038.jpg 
素体の可動はこんな感じです。
首が大きく可動します。
デンガッシャーもPVCでできているのでさほど関節に干渉しません。

SHF-MR-NewDen-O0034.jpg 
肩はあまり上げすぎると、このように肩のパーツが外れてしまいます。
元通りに修復可ですが、あまり上にあげられないということですね。

SHF-MR-NewDen-O0040.jpg 
NEW電王ベルトも、胸もこのとおりしっかりと色の塗り分けがされています。

SHF-MR-NewDen-O0043.jpg SHF-MR-NewDen-O0045.jpg SHF-MR-NewDen-O0048.jpg 
顔面。
正面から見るとあまり気になりませんが、目の部分のパーツがやや角度がついています。
リンゴで作ったうさぎみたいw

いろいろな方のレビューを見ていると、このぺったんこな顔が不評ですね。
今度発売されるリメイク版では改善されているようですが。

SHF-MR-NewDen-O0050.jpg 
というわけで、「今日から俺が、電王!」

SHF-MR-NewDen-O0054.jpg 
映画「さらば仮面ライダー電王」でのNEW電王の登場は衝撃でした!
いやぁ~カッコ良かった!
 SHF-MR-NewDen-O0057.jpg SHF-MR-NewDen-O0063.jpg 
マチューテディは、このように両手持ちができます!

SHF-MR-NewDen-O0071.jpg 
SHF-MR-NewDen-O0072.jpg SHF-MR-NewDen-O0076.jpg 
本体に比べてマチューテディが少し小さくないですか?
イメージではもっと大きくてもいいかも。。。

SHF-MR-NewDen-O0052.jpg 

SHF-MR-NewDen-O0084.jpg 
ディケイドと共演した映画で建物の屋上からこんな感じで飛び降りてきたっけ。。。

SHF-MR-NewDen-O0083.jpg
 
パッケージ裏のポーズを再現しようとしたんですが…
なんかヘンだなぁ。
ポージングのセンスがもっと欲しい!

SHF-MR-NewDen-O0089.jpg
 SHF-MR-NewDen-O0056.jpg 
うん、やっぱりかっこいいぞ!
NEW電王!!

SHF-MR-NewDen-O0106.jpg 
このNEW電王にもライダーパスが2個ついています。
シールを貼って完成させます。

SHF-MR-NewDen-O0105.jpg 
あまりライダーキックしているイメージはないですが、いちおうできるということで。。。

SHF-MR-NewDen-O0101.jpg SHF-MR-NewDen-O0097.jpg 
モモタロスと共闘!
「レッツゴー仮面ライダー」で40年前のショッカーのアジトへ乗り込んでいくところがこんな感じだったはず。

SHF-MR-NewDen-O0102.jpg SHF-MR-NewDen-O0099.jpg 


SHF-MR-NewDen-O0092.jpg 
というわけで、S.H.フィギュアーツの仮面ライダーNEW電王でした!
初期のフィギュアーツのしっかりした素体が頼もしい一体です。
再びあの頃のように、しっかりした素体に戻ってくれないかなぁ。。。

このNEW電王は、近いうちにリメイク版が一般販売されるようですが、そちらも楽しみです。
(買おうかどうか迷ってます。。。)

というわけで、仮面ライダー40周年が映画だけでなく、フィギュアでも盛り上がってくれるといいですね。

それでは!

《END》


装着変身 仮面ライダー電王プラットフォーム&モモタロスイマジン 後編

SHS-MRDen-O-Momotaros96+.jpg 
さて、今回も装着変身「仮面ライダー電王プラットフォーム&モモタロスイマジン」の続きです。
今回はモモタロスをレビューします! 

SHS-MRDen-O-Momotaros130.jpg 
モモタロス関係の付属品は替えの手首パーツのみです。
ずいぶん少ないし、もったいない…

SHS-MRDen-O-Momotaros39.jpg SHS-MRDen-O-Momotaros42.jpg SHS-MRDen-O-Momotaros47.jpg 
ボディにはダイキャストパーツが使われておらず、少し安っぽい感じがします。
劇中のイメージよりもスリムな感じに仕上がっています。


SHS-MRDen-O-Momotaros49.jpg
 
私は、S.H.フィギュアーツのモモタロスより装着変身の方が好きです。
素体の造りはフィギュアーツの方がしっかりしていて良いのですが、顔は装着変身の方が好きです。
あとフィギュアーツはさらにスリムになったという感じがして、キャラクターの力強さが失われている気がします。もったいない。
装着変身はマッシブな感じで、全体的なバランスもより劇中のイメージに近い気がします。

SHS-MRDen-O-Momotaros51.jpg 
よく見るとけっこう恐い顔してますよね。
劇中のイメージのおかげで、あまり意識をしていませんでした。

SHS-MRDen-O-Momotaros54.jpg
 
フィギュアーツよりも対象年齢が低いので、角が鋭角的ではないですが、装着変身の顔の方が愛嬌があって好きですね。
きっと目が大きいからですね。

SHS-MRDen-O-Momotaros56.jpg 
「お前の望みを言え。どんな願いもかなえてやろう…」
やっぱり腕組みはできないですね~。
でもまぁ、それっぽくは見えますかね?

SHS-MRDen-O-Momotaros61.jpg 
SHS-MRDen-O-Momotaros67.jpg 
SHS-MRDen-O-Momotaros121.jpg
 
基本的にはソードフォームやプラットフォームと同じぐらいの可動をします。
襟のパーツのせいであまり首は回りません。
あと、肩や太もものパーツが一度外れると、外れやすくなってしまいます。
撮影中もぽろぽろと落ちました。。。

SHS-MRDen-O-Momotaros119.jpg 
「ぬぅおおおおおおっ!!」
あまりにも付属品が少ないのでオモシロくないと思い。。。

SHS-MRDen-O-Momotaros92.jpg 
フィギュアーツのモモタロスよりコーヒーカップを拝借w

SHS-MRDen-O-Momotaros75.jpg 
さらにフィギュアーツより、モモタロスォード!

SHS-MRDen-O-Momotaros70.jpg 
アートワークスにこんなポーズがあったような。。。?

SHS-MRDen-O-Momotaros86.jpg 
パカパカ開く手首を使って持たせてますが、しっかり持たせることができません。
そりゃ、違うブランドのフィギュアだから仕方ないんでしょうけどね。
とはいえ、サイズはバッチリです!!

SHS-MRDen-O-Momotaros81.jpg 
SHS-MRDen-O-Momotaros88.jpg SHS-MRDen-O-Momotaros79.jpg 
やっぱりモモタロスには剣がないとだめですね~。

SHS-MRDen-O-Momotaros103.jpg 
モモ「よし、良太郎!特訓だ!!」
良太郎「お、重い…」

SHS-MRDen-O-Momotaros106.jpg
 
良太郎「あぁ~っ(涙)」
モモ「だめだこりゃぁ」

SHS-MRDen-O-Momotaros102.jpg 
というわけで、モモタロスのレビューでした。
最近、あまり時間がなくてあまりいろいろなことをさせていませんが、モモタロスは色々なキャラとからませてまだまだたくさん遊べそうですね。

SHS-MRDen-O-Momotaros127.jpg 
次回は映画「レッツゴー仮面ライダー」公開記念第3弾!
未来から来たアイツのレビューをします。
お楽しみに!!

《END》

装着変身 仮面ライダー電王プラットフォーム&モモタロスイマジン 前編

 SHS-MRDen-O-Momotaros99+.jpg
今回も、前回にひきつづき「レッツゴー仮面ライダー」公開記念です!
映画でも大活躍のモモタロスがセットになった、装着変身「仮面ライダー電王プラットフォーム&モモタロスイマジン」のレビューです。
2回に分けてレビューします。
今回はまずプラットフォームから。

SHS-MRDen-O-Momotaros140.jpg 
実はコレ、私が初めて買った装着変身なんです。
いや、モモタロスがめっちゃ欲しかったんですよ。

SHS-MRDen-O-Momotaros142.jpg 
発売されたのは、番組も終盤だったのではなかったでしょうか?
おそらく、イマジンたちの人気が上がってきたころですね~。

SHS-MRDen-O-Momotaros135.jpg 
2体セットの豪華仕様?です。

SHS-MRDen-O-Momotaros132.jpg 
まずは電王のプラットフォームから。
手首、デンガッシャーは、前回レビューしたソードフォームと同じ物です。
素体も一部の塗装とパーツを除いて、ほぼソードフォームと同じです。

SHS-MRDen-O-Momotaros2.jpg 
胸のアーマーはダイキャストではなく、ABS製です。
背面のパーツがやたら取れるんで多少イライラします。
個体差でしょうか??

 SHS-MRDen-O-Momotaros5.jpg 
プラットフォームといえば、良太郎がそのまま変身した姿ですから、弱々しいイメージなので、意識してポーズをとらせたのですが、難しい!

SHS-MRDen-O-Momotaros14.jpg 
可動はこのとおり!
肩にアーマーが無い分、若干腕の可動が広くなっている気がしますが、基本的にはソードフォームと同じです。

SHS-MRDen-O-Momotaros21.jpg 
プラットフォームも足首がダイキャストパーツなので、設置性が良くてポーズがとりやすいです。

SHS-MRDen-O-Momotaros27.jpg SHS-MRDen-O-Momotaros29.jpg 
プラットフォームって、よく見るとスカルっぽいですね。
変身が未完なので、ライダーのプロトタイプ的な扱いでスカルマンイメージでしょうか?
頭部は、当然ですがソードフォームにあった顔面中心のハードポイントはありません。
しかし…

SHS-MRDen-O-Momotaros30.jpg 
なぜか頭頂部にはハードポイントが残ってます。
ど~ゆ~こと??

SHS-MRDen-O-Momotaros18.jpg 
普段あまりつけませんが、デンガッシャー装着!

SHS-MRDen-O-Momotaros23.jpg 
ベルトのパックルはダイキャストパーツです。
ソードフォームのように色は塗られていません。
良太郎のくせに、腹がムキムキですww

SHS-MRDen-O-Momotaros15.jpg 
てやっ!
ソードフォームも同じですが、この素体の脚の裏には滑り止め?のようなディティールがあります。

SHS-MRDen-O-Momotaros34.jpg 
膝が良く曲がるので、お姉さん座りもばっちり!
へたっているイメージです。

SHS-MRDen-O-Momotaros35.jpg 
ちゅど~ん!
吹っ飛ばされているイメージが強かったので撮りましたw

SHS-MRDen-O-Momotaros108.jpg SHS-MRDen-O-Momotaros110.jpg 
次はライダーチケット(今回はわすれませんよ)
実は、このレビューをするために初めてシールを貼って完成させました。
シールはちゃんとソードフォームと違います。

SHS-MRDen-O-Momotaros113.jpg 
ライダーチケットは表面が凹んでいるので、指をひっかけることができますが、いまいちしっかりと持てません。

SHS-MRDen-O-Momotaros116.jpg
 

SHS-MRDen-O-Momotaros124.jpg 
というわけで、装着変身の仮面ライダー電王プラットフォームでした。

次回はモモタロス!!
お楽しみに!!

《後編につづく》


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。