俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BANDAIソフビ キングコング

 DSCF5620+.jpg
今回はいつもと趣向を変えて“発掘良品”です。
先日、物置を整理していたら出てきました。
キングコングのソフビフィギュアです。

しかもピーター・ジャクソンの映画でもなく、吉本のお笑い芸人でもなく、
映画『キングコング対ゴジラ』(1962年)に登場したキングコングですっ!!

DSCF5622.jpg 
これは私の持っているDVD。
私のお気に入り映画の中のひとつです。

この映画の公開は、映画が大衆の娯楽として高い地位を誇っていた1962年(昭和37年)の作品です。
まだ、「ウルトラQ」も「ウルトラマン」もいなかった時代の映画です。
日本映画の絶頂期だったこともあり、観客動員数は1255万人を記録して、現在でもゴジラ映画史上最高の動員数を誇っています。

齢27歳にして、昭和のゴジラシリーズが大好きな私ですが、この『キングコング対ゴジラ』は特にお気に入りの作品です。
なんといっても、初代や逆襲の頃のシリアスなムードから一転、コメディタッチのドラマと大怪獣のプロレスという王道のエンタテイメント作品に仕上がっており、何回観ても楽しい!
ドラマ部分のキャストの豪華さ(後のボンドガールが2人もいる!)やセットの広さ!(セットの数も多い)
当時の日本映画、元気がありすぎです!

特に、私はパシフィック製薬の宣伝部長を演じた有島一郎さんのテンションの高さが大好きです!!
「タコだ!タコ!!!」www
(有島一郎さんて、幼い頃に見た「暴れん坊将軍」に家老役でレギュラー出演されていた記憶が…)

ゴジラって3作目にしてアメリカのビッグモンスターと共演してるんですからスゴいですね。
しかも当時の東宝はしっかりアメリカから権利を購入してこの映画を作っています。
(その辺の件はウィキペディアに詳しく載っています)



前置きはこのくらいにしておいて…

この映画に登場したキングコングですが、版権の交渉が複雑なのかいままでなかなか正規ライセンスでの商品化がされてきませんでした。

それが突然、1993年に正規ライセンスで販売されたキングコングが、今回レビューするソフビなのです!
すでにこのソフビをレビューされているサイト様の情報によると、どうやら「キングコング生誕60周年記念」の限定版権を取得してBANDAIがソフビ化したようです。
よって一年間の限定販売だったのではないかと思われます。

…ってことは再販の可能性はほとんどないじゃん!

いかにレアなソフビかおわかりいただけたでしょうか?

では、写真を見ていきましょう。

DSCF5292.jpg 
正面。

DSCF5295.jpg 
背面。

DSCF5297.jpg 
側面。

販売時はこれにタグがついていたのですが、切り離して捨ててしまったようです。

可動部分は両手両脚のみ(いまは堅くなってしまってほとんど動きません)。
接合部の荒が目立ちます。
その辺は当時のゴジラのソフビよりもクオリティが低い気がします。
原型を製作した人が違ったのでしょうか?

サイズは約18cm。
当時の価格が1200円だったと思います。

DSCF5298.jpg 
でも、顔はまぎれもなく「キングコング対ゴジラ」に登場したキングコングです!
瞳がありませんが、あまり気になりません。
劇中でもアップ以外は、ほとんど瞳は見えてませんからね。

…このキングコングって、乳首があったんだww


DSCF5301.jpg 
脚の裏です。
某サイト様によると、このTECというのは「CNN」のオーナーであるテッド・ターナー氏の会社「ターナー・エンタテイメント」のようです。
この会社から権利を購入したようですね。

DSCF5303.jpg 
BANDAIの名前もしっかり入っています。

1993年というと、私が小学生の頃ですね。
小学生でよくこのソフビを買ったと思います。
なかなかシブい小学生だったのですw

この当時はゴジラ映画が毎年公開されており、ソフビも新怪獣から昭和の怪獣まで幅広く発売されていた記憶があります。
たしか、カマキラスやゴロザウルス、メカニコング、モゲラ(旧)までラインナップにあったと思います。

ゴロザウルスやメカニコングなんかは、完全に大人向けな商品ですよねw

DSCF5289.jpg 
というわけで、BANDAIのソフビ、キングコングでした。
いまでもこのソフビはたまにヤフーオークションなどで見かけます。
レアにも関わらず、意外にまだ手に入りやすい方なのかもしれません。

最近、Facebookで海外のフィギュアファンの方と交流する機会が多いですが、アメリカではゴジラなどの怪獣フィギュア(特にソフビ)を集めておられる方も多く、海外でのゴジラ人気は相当なものだなと改めて感じさせられています。

本家日本でのゴジラソフビ(一般流通品)の数がどんどん減っていっているのが残念で仕方ありません。

魂フィーチャーズで紹介されていたゴジラのアクションフィギュアで、また国内でもゴジラ系の商品が盛り上がることを期待するのみです!!

それではまた★







関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/100-065e900e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。