俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュア野外撮影in桜島 《パート2》

110504_sakurajima_0165+.jpg 
さて、桜島での野外撮影の続きです。
いよいよ友人のS君が持参した 改造SICの1号と2号を使って撮影開始です!


【4:SIC撮影!】
もう何年もの付き合いになる友人S君は、SICへの愛がハンパない!
私の立ち上げたFacebookの「特撮フィギュア」ページでもSICの写真を撮って投稿してくれてます。
私はSICにあまり手を出していないので、SICは未知の領域に近いのですが、彼からいろいろと情報をもらっています。

今回、桜島へS君が持参したのは、SIC Vol.14の「仮面ライダー1号&サイクロン」改造&リペイントの桜島1号、サイクロン、改造サイクロン。そして、Vol.15の「仮面ライダー2号&ショッカーライダー」のリペイントの旧2号です。
バイクまで持参したので、荷物の八割がSICになってしまったそうですw
流石、情熱が違う!!ww


110504_sakurajima_0013.jpg 
試しに岩の上に置いて撮ってみたのがこれです。
なんと!予想していたよりキマってるじゃないっすか!!
普通に立たせただけでもこの雰囲気!
(2人ともここからハンパ無くテンションが上がっていきますw)



以下、配置・ポージングなど、すべてS君監修でやってます。
伊藤はひたすらデジカメで写真を撮影に徹しました。

110504_sakurajima_0017.jpg 
少し高い位置に置いて、あおりで撮影。
まるでHJのジオラマみたいだ!!w

撮影した場所一帯が溶岩が固まってできた場所なので、SICが立っているのは溶岩の上です。
溶岩はおそらく軽石なので、独特のこまかな凹凸が表面にできており、SICを置いてもスケール感が上手くマッチするようです。

S君曰く「平面に置くよりも、SICが上手く立つ!」
だそうですww

110504_sakurajima_0022.jpg 
少しカメラ位置を高くしてやると、向こうに鹿児島湾が見えます。
桜島編の劇中にはこういうカットはありませんが、海を背景にしてもまたカッコいい!!

 110504_sakurajima_0045.jpg 
S君手製の「ショッカー戦闘員の武器」を1号に持たせる。
桜島編では、1号が戦闘員の武器を奪って、剣を使ったアクションを繰り広げてました。

自然光だと、2号のマスクがかなり青いですね。
室内で見ているのと印象が変わります。

110504_sakurajima_0026.jpg 
サイクロン2台を取り出して撮影!
2号の乗っている改造サイクロンはS君が、ノーマルのサイクロンをベースに最近改造したものです。
(改造の方法など気になる方は直接S君へ! →Twitter名 @Salt_Mt

110504_sakurajima_0030.jpg 
周りはこんな感じです。
少し平らなところに置いています。
ちょうど良いサイズの岩がごろごろ転がっているんです!
流石に草木が大きいので違和感がありますけどね。

110504_sakurajima_0037.jpg 
洗脳された1号が2号にサイクロンでアタック!
劇中の1号VS2号のシーンの初めの方です。
1号はわざとマスクを開けて、改造された傷を見せようと思ったんですが…写真には写ってないですね。

事前に映像を見ていて思ったのですが、この時点ですでに「ライダーVSライダー」の戦いがあったんですね。
1号のサイクロンですが、劇中でスイスでは改造サイクロンを使っているのに、桜島ではノーマルのサイクロンに乗ってやってきました。なんでだ??
聞くところによると、ノーマルのサイクロンはこれが最後の登場だったようです。


110504_sakurajima_0105.jpg 
崖の上に駆けつける1号と2号!
やっぱり昭和のライダーは高い位置が似合う。
この下に戦闘員や怪人などを大勢配置すれば、より雰囲気が出るでしょうね。
いつかそんな大掛かりな野外撮影をしてみたい!

110504_sakurajima_0100.jpg 
今回、撮影に使った岩はとても色々な表情を持っています。
今回の記事で使っている写真は、どれも同じ岩の上で撮っているんです。

ほんと、この岩は良い場所でした。
SICを輝かせてくれる岩なので「SIC魂ラーバロック」と勝手に名付けましたww

110504_sakurajima_0109.jpg 
見下ろすアングルで。
バイクのスタンドはどうしても外せませんね。

110504_sakurajima_0112.jpg 
110504_sakurajima_0119.jpg 
アンテナがライダーに表情をつける。SICはほんとにカッコいい!!

110504_sakurajima_0133.jpg 

110504_sakurajima_0122.jpg 
思わず沢山の写真を撮ってしまいました。
私もS君もテンション↑↑です!

ちなみに、今回撮ったカメラはいつも使っているものとは違ってフツーのコンパクトデジカメです。

110504_sakurajima_0148.jpg 
キュイイイイイイイイインンンン…
あの登場の効果音が聞こえてくるようです。

110504_sakurajima_0161.jpg 

110504_sakurajima_0158.jpg 
後ろの見えるのが桜島の火山です。 

110504_sakurajima_0164.jpg 

「とうっ!!」

110504_sakurajima_0059.jpg 
「ライダーキィィィィィック!!!!」

このころは“ダブルキック”とは言わないんですよね。

魂ステージの支柱を地面に直に刺して固定しています。
火山灰が固まって粘土のようになっているので、刺しやすいようです。
その時々で臨機応変にその場所の物を利用するのも野外撮影には必要な感覚かもしれません。

110504_sakurajima_0060.jpg 
斜面の傾斜のせいであまり空中に浮いている感じがでませんでしたね。。。

110504_sakurajima_0082.jpg 
疾走!!
地面にコケが生えている場所があったので、サイクロンを並べて撮りました。
草原のような雰囲気になっています。

110504_sakurajima_0084.jpg 
マフラーのなびきが疾走感を高めています!
やっぱりなびいてるマフラーのパーツは必要だぁ!!

110504_sakurajima_0086.jpg 

110504_sakurajima_0069.jpg 
入念に配置をチェックするS君。

110504_sakurajima_0076.jpg 
本当に走ってきたみたい!
疾走感がハンパないです!!

ここで2人のテンションがMAXになりましたwww

110504_sakurajima_0090.jpg 

110504_sakurajima_0094.jpg 

110504_sakurajima_0172.jpg 
最後に、噴煙を上げている火山と共にポーズ!


【5:総括】
桜島で撮った写真はこれで以上。
最後に今回の野外撮影で気づいたポイントをいくつか挙げてみました。


ポイント:1「SICには自然が合う!!」
今回、SICを撮り始めた途端、あまりにもカッコいいのでテンションが上がりまくりの私とS君でしたw
こんだけテンションが上がったのは、やはりSICを使って撮影をしたからだと思います。
SIC特有のカラーリングとウェザリング、そしてアナログのボディーラインが自然の風景と最高にマッチしたのです。
コンパクトデジカメで、レフも無し・画像調整もあまりやらずにここまで雰囲気のあるのものが撮れたのは本当に良かった!!


ポイント2:「せっかく撮るならたくさん持って行け!」
S君がSICのバイクまで持ってきてくれたおかげでこれだけの写真が撮れたんだと思います。
せっかく出かけていくんだから、付属品一式、からませられる物・キャラは持って行った方がいいですね~。


ポイント3:「日焼けなど気候対策を万全に!」
撮影が上手くいきはじめると、時間を忘れて撮り続けてしまうのがフィギュア好きというもの。
今回は、約3~4時間もずっ~と外で撮影していたので、2人とも日焼けして、帰る時には顔が真っ赤でした。
野外での撮影なので、自然対策は必要ですね~


ポイント4:「桜島で撮る時は火山灰に気をつけろ!」
これは桜島に限ったことですが、撮影も終わりかけのころに火山が噴火して噴煙を上げました。
定期的に噴火をしているのです。
ちょうどフィギュアを片付けて移動するときに火山灰が振ってきて、幸いフィギュアに灰はかかりませんでしたが、桜島で撮影をするなら気をつけないといけないことです。
大切なフィギュアが灰だらけになってしまいます。
天然のウェザリングをしたければ別ですがw


ポイント5:「人目を気にしない強靭な精神力を持て!」
まぁ、大袈裟な言い方なんですけどね。
今回撮影したのはあまり人のいない場所だったのですが、それでも10分に一度ぐらいは人が通りかかって「何やってんだ?」とジロジロ見られました。
でも、そんなことを気にしていてはフィギュア撮影はできません!!
一文字隼人のセリフを借りて私たちは、このように自分に言い聞かせます。


「男には、恥だとわかっていても撮らねばならぬフィギュアがある。
大人になったらきっとわかるだろう」



以上!!!
良いGWをお過ごしください!!!




関連記事
スポンサーサイト

Comment

SALT says... "blogへのupお疲れ様です"
写真のアップロードと編集、お疲れ様でした!
大変楽しかったので、また何処かでやりましょう!
2011.05.06 22:03 | URL | #- [edit]
恒点観測員342号 says... "Re: blogへのupお疲れ様です"
いやいや、拙い文章で申し訳ないっす。
ほんと何回観てもかっこいいわ~。
やって良かったね!
また第2弾、3弾と企画しましょう!!

> 写真のアップロードと編集、お疲れ様でした!
> 大変楽しかったので、また何処かでやりましょう!
2011.05.07 09:46 | URL | #- [edit]
koo says... "桜島"
す、すごい。桜島で!実家は鹿児島です(フェリーのうどんがうまい)!
桜島、にあってかっこいいですね~。特にバイクありの写真が、疾走感あっていいですね!

ポイント5が一番重要ですね(笑)。

ありがとうございます。
2011.05.10 11:52 | URL | #4nJt7cHs [edit]
恒点観測員342号 says... "Re: 桜島"
こんばんは。
コメントありがとうございます!
フェリーのうどんは食べそびれました…(涙
実は帰ってきてからうどんが美味しいという事知ったんですよね~

僕もあのバイクの写真がイチバン気に入っているんです。
予想以上に疾走感が出て、思わずテンション上がって何回も撮ってしまいましたw

次回の野外撮影のロケ地を今探しているところです。
またよかったらブログ覗いてやってください~☆


> す、すごい。桜島で!実家は鹿児島です(フェリーのうどんがうまい)!
> 桜島、にあってかっこいいですね~。特にバイクありの写真が、疾走感あっていいですね!
>
> ポイント5が一番重要ですね(笑)。
>
> ありがとうございます。
2011.05.11 00:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/114-b82019fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。