俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ULTRA-ACT アンドロメロス

ua_andromeros09.jpg

こんばんは。
今夜の特撮フィギュアはULTRA-ACTのアンドロメロスです!
今年のビックリアイテムの中のひとつです。
魂ウェブ限定でしたが、突然の発売にびっくりしました!!

どうしてBANDAIは、アンドロメロスなんていう超マイナーキャラを発売したんでしょうね〜ww

特撮好きの伊藤でも、アンドロメロスは第1話をネットで見たことがあるぐらいで、
ストーリーや設定などもほとんど知らなかったので、
正直、どういうポーズをとったらいいんだ??と、かなり迷いました。
(結局カッコいいポーズにすればいいや!と割り切ってしまいましたがw)

今回は、そもそもアンドロメロスを知らない人の為に、
本編の設定なども含めて紹介していきます!

ua_andromeros04.jpg
まずはパッケージから。

アンドロメロスは、映像作品「アンドロメロス」に登場した主人公。
映像作品は1983年2月28日〜4月29日までの月曜〜金曜PM5:45〜5:55に
TBS系で全45話放送されました。
TBSといっても東京中心のローカル番組だったようです。
現在の知名度の低さもそのためなんでしょうね。

開封。
ua_andromeros10.jpg
前面。

ua_andromeros13.jpg
側面。

ua_andromeros14.jpg
背面。

メタリックグリーンのボディがとてもキレイです。
まさに、主題歌にある「み〜どりにひか〜れ、メロス!」

そもそもアンドロメロスは、映像化される前に81年から小学館の児童向け雑誌上で
「ウルトラ兄弟物語/ウルトラ超伝説」のタイトルで連載されていた物語の中に
ウルトラ戦士を助ける謎のヒーローとして登場してました。
謎のヒーローと言っても、実は宇宙警備隊隊長のゾフィーが
コスモテクターを装着してアンドロメロスと名乗っていたという設定で、
最終回でマスクを脱ぎ、例の有名な
“顔だけゾフィー”のアンドロメロスの写真になって正体バラしをしたようです。

その後、82年に「ウルトラ超伝説 アンドロ超戦士」というシリーズが
同じく雑誌上で開始され、そこにはゾフィーからコスモテクターを
継承された2代目のアンドロメロスが登場します。

ua_andromeros05.jpg
ULTRA-ACTのゾフィーとツーショット。
通常のULTRA-ACTより少し大きめに作られています。

ua_andromeros03.jpg
コスモテクターの胸は、このようにパーツ差し替えで
勲章<ウルトラクロス>が付いているバージョンと、
ついていないバージョンを再現できます。

これはどういうことかというと、
ウルトラクロスが無い方はゾフィーがコスモテクターを
装着していた初代のアンドロメロス。
ウルトラクロスがある方は、ゾフィーから託された方の
2代目アンドロメロスになります。
ウルトラクロスはゾフィーが、2代目のアンドロメロスになる
アンドロ人の戦士ブノアに贈ったものなのだそうですよ。

ua_andromeros08.jpg
頭部のマスクは<コスモマスク>といいます。
実際のスーツと比べるとULTRA-ACTの方は小顔でイケメンになっています。
写真ではうっすらと写っていますが、バイザーの中の目も作られています。
(これも少し小さめに作られているような気がします)

額の赤い箇所は、<アンドロポイント>といい、
30万度の<アンドロビーム>を発射することができます。

ua_andromeros19.jpg
アンドロビームを発射する際はこんなポーズで撃っていたと思います。
(劇中ではジャンプ撃ちはしてません)

ua_andromeros20.jpg
腰の側面にある赤い部分は<アンドロポッド>といいます。
ULTRA-ACTでは赤いクリアパーツで作られており、とてもキレイな仕上がりになっています。

<アンドロポッド>は劇中の設定では秘密武器の収納ができるようですが、
いったい何が入っていたのでしょうか?ww

ua_andromeros21.jpg
手の甲にあるのは<コスモクロス>
小型手裏剣という設定です。

ua_andromeros37.jpg
腰の背面には、最近のULTRA-ACTではデフォの仕様になった、
魂STAGE用ジョイントパーツが装着できるようになっています。

ua_andromeros38.jpg
交換用手首は8種類。

ua_andromeros22.jpg
肩のコスモテクターは胸の部分と別パーツです。
肩を丸ごと覆うボリュームがあり、かなりモビルスーツな印象を受けます。
実際のスーツでは胸と一体になっており、
ULTRA-ACTよりも幅が狭い作りになっていました。
腕の動かす範囲を確保するための処理だったんでしょうね。

ua_andromeros12.jpg
ua_andromeros11.jpg
さて、今回イチバン困ったのがポーズ。
アンドロメロスにはあまり特徴的なキメポーズがないんですよね。
DVDのジャケット的なポーズ。
(記憶で再現したので手が左右逆でした)

ua_andromeros17.jpg
YouTubeでオープニング映像を確認しましたが、
なんかこんなチョップ?のようなポーズをしてますね。

ua_andromeros31.jpg
「マッハ15のスピードで、大怪獣にアタック!!」

さて、次は<ダブルサーベル>です。
ua_andromeros40.jpg
劇中ではもっと短い印象でしたが、少し長めにアレンジされてます。

ua_andromeros06.jpg


ua_andromeros39.jpg
ダブルサーベルは、延長パーツを追加して<ダブルランサー>にできます。

今回、いろいろな書籍をあさってアンドロメロスの写真を見ていたのですが、
実際の写真ではダブルサーベルはもっとウルトラセブンのアイスラッガーに
近い形をしていたと思うのですが、ULTRA-ACTの付属品では
かなりアレンジされているように思います。

持たせていろいろポーズ。
ua_andromeros29.jpg
ua_andromeros30.jpg
ua_andromeros32.jpg
ua_andromeros33.jpg
ua_andromeros28.jpg
そもそも、写真が少なくてどんなポーズをしていたのかわからないので、
テキトーにポーズをつけて撮ってます。

というわけで、ULTRA-ACTのアンドロメロスでした。
最近まで映像作品を見たことがなかったので、
特に思い入れのあるキャラクターというわけではないのですが、
珍しいので買ってみました。

ua_andromeros27.jpg
身体の各部のバランスがオリジナルとはかなり違っていてまるで“モビルスーツ”です。
マイナーなキャラクターなのでBANDAIが独自にアレンジしたと解釈してます。

先にも書きましたが、僕は特にアンドロメロスに思い入れがないので、
このアレンジはこれはこれで良いんじゃないかなと思っています。
(どうせならもっとおもいっきりアレンジしてみても良かったんじゃない?)

実際のスーツのイメージが好きな人にはオススメしない商品ですね。
こだわる人は、これをベースにソフビのパーツと組み合わせて
TV版を作っても良いと思います。
(実際、僕の友人もそうしてますw)


ちなみに今回はアンドロメロスの設定などを書きましたが、
これらの元ネタは雑誌「ウルトラマンAGE Vol.13」の特集記事から
拝借しました。
この本にはアンドロメロスのことが詳しく掲載されていますので、
詳しく知りたい方は是非読むことをオススメします。
アンドロメロスの詳しい資料といえば、DVDボックスについている
小冊子もなかなかなかなか濃い情報が載っているようです。


ではまた!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

ウルトラ好き says... ""
どちらかというと、ダブルサーベルはアイスラッガーよりゼロスラッガーの形に似てますね。
2012.09.02 19:45 | URL | #- [edit]
優兎 says... "アンドロメロスだー!"
出るとは思ってなかったし、奥さんの目が厳しいので、手に入る事のないメロス…。

レビューを見て、我慢します(笑)

僕は、アンドロ超戦士の連載時期ドンピシャで、思い入れが深いです(笑)
このアレンジは、僕はアリだと思います。

あ、ゾフィの着てたコスモテクターは、改造エースキラーにブラックホールへ落とされたゾフィが、たまたまパトロールで通りかかった、アンドロ警備隊の隊長のメロスが貸した物ですよー。
で、ジュダを倒した後、本物のメロスを招いて、感謝とこれからの協力関係を確認すると共にウルトラクロスがゾフィから贈られるたんです。
2012.09.05 03:45 | URL | #- [edit]
itonobuhiko says... "ゼロスラッガー!"
> どちらかというと、ダブルサーベルはアイスラッガーよりゼロスラッガーの形に似てますね。

それは気づきませんでした!!
BANDAIらしいアレンジですねw
2012.09.07 23:38 | URL | #- [edit]
itonobuhiko says... "Re: アンドロメロスだー!"
優兎さん、コメントありがとうございます。
リアルタイムを体験されている方はさすが、お詳しいですね!
雑誌に掲載されていた写真を少し見たことがありますが、
ウルトラ怪獣がたくさん出てて、しかもちょっと改造?されたような
サイバーなパーツも付いていたりして、
なかなか楽しそうだなと。
あの時代を体験されたことがとても羨ましいです。

たしか初代がアンドロ人セザルで、その人からコスモテクターを託されたんですよね?
んで、それを今度はセザルの息子ゼノワにゾフィーから継承されるという
お話なんですよね。

本文中では簡略化して書きすぎました。
すいません。。。m(_ _)m
ご指摘ありがとうございます!
2012.09.07 23:45 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/13-20132cec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。