俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーG4

記念すべき初回の記事は「仮面ライダーアギト」の劇場版に登場した
S.H.フィギュアーツの“仮面ライダーG4”です。
当初は購入予定に無かったのですが、
ギガントが予想以上のカッコ良かったので買ってしまいました。

SHFG4_01 
まずはパッケージ。
フィギュアーツのベーシックな落ち着いたカラーリングのパッケージです。

SHFG4_02 
パッケージ裏面。
ギガントをかまえたG4の写真が購買意欲をそそります!

SHFG4_03 
パッケージ側面です。
特に写真などがないシンプルなデザインです。

SHFG4_04 
開封直後です。
これに説明書がついています。
いちばん下にある“黒い長いやつ”はギガントとベルトをつなぐ“コネクトケーブル”です。

さて、いよいよ本体を取り出して見ていきます!
SHFG4_02_01 
まずは、正面から。
全体のバランスは、フィギュアーツ独特のプロポーションをキープしてるので文句なしの出来です!
やっぱり足が長いので、やや開き気味で立たせるとカッコいい!!

SHFG4_02_02 
背面です。
背中のバッテリーがメカ強化スーツらしさをだしていてたまりません!www

SHFG4_02_03 
右側面です。
この面は、ベルトにギガントを連結するコネクトケーブルの差し込み口があります。
太ももにはGMー01改4式を装着する為の突起もあります。
(詳しくは後ほど…)

SHFG4_02_05 
G4のデザインは、平成の元祖悪役ライダーということもあって、
黒ベースに銀の縁取りという落ち着いた色合いでまとまってます。
肩や頭部の一部以外はほとんどG3ーXと変わらないのに、色を変えただけでこんなに印象が変わるんですね。

さて、次は武器など付属パーツを紹介します。
 
 今回は武器などの付属パーツを中心に紹介します。 SHFG4_03_01
まずは「携行用多目的巡航ミサイル ギガント」の本体です。
 写真のように、ミサイルが未装填状態でパッケージに入ってます。
 いま気がついたのですが、写真は天地逆さまですね(汗
 あとでミサイル装填状態も掲載してますので、許してくださいwww
 
 側面にある黒い突起は、コネクトケーブルのカバーになっており、開閉できます。
  
 写真ではわかりにくいかも知れませんが、先頭部分に“G”と書かれてます。
 SHFG4_03_02
 ギガントに装填する小型ミサイル、4個です。
 どれも同じ形状をしており、ギガントの本体に差し込んでセットします。
 
SHFG4_03_03
小型ミサイルをギガントに装填した状態です。
 この写真は天地が正しい状態です。

SHFG4_03_04
小型自動小銃GM-01改4式です。
っていうか、そんな名称だったんですね。
見た目はG3-XのGM-01と同じだと思います。
照準器の部分は別パーツになっており、脱着可能です。

SHFG4_03_05
交換用手首パーツです。
右手首が3個、左手首が2個です。
握り手が左右どちらもあるので、バイクに乗せることも可能ですね。
(専用のバイクがないので、G3-Xのガードチェイサーを奪いましょうwww)

SHFG4_03_06 
ギガントとベルトをつなぐコネクトケーブルです。
ケーブルといっても、PVC製の成形物です。
中に軸などが入っていないので、曲げた状態でキープできないのが難点ですね。

次は、仮面ライダーG4の本体を各所を細かく見ていきます!

SHFG4_04_01
まずは、ヘッドから。
クリアパーツの目がキレイです。
でも正面から見るとヘルメット部分の黒いパーツのせいで青い部分が半分になってしまいます。
(まぁ、このサイズなんで仕方ないんですが…)
触覚は樹脂製なので、シャープな出来です。

ただ、落としたりしたらすぐに折れそうなので、ディスプレイには注意しなければいけないですね。

SHFG4_04_02
ベルトのバックル部分です。
キレイに塗り分けされています。
赤い部分は、映像ではバッテリー残量のゲージでしたっけ?

写真ではわかりにくいかもしれませんが、素体の腰の部分にも、
ちゃんとチャックカバーのディティールがあります。

SHFG4_04_03
背面です。
赤いのはバッテリーですね。
バッテリーの下にあるのはGM-01の予備マガジンです。
本体から着脱できるようなのですが、堅かったのでやめましたww
付属のGM-01にはつけられません。

SHFG4_04_04
足です。
このように太ももにGM-01改4式をマウントできます。
SHFG4_04_05 
足首から下はダイキャストパーツになっており安定感は抜群!

SHFG4_04_06
腕です。
基本的に左右同じディティールです。

足と腕の可動は後で紹介しますね。
SHFG4_04_07 
全体的に色の塗り分けもキレイにされており、とても満足できる出来ですね。
肩の「G4」もタンポ印刷でキレイに印字されています。

次は、仮面ライダーG4の可動についてレビューします。

SHFG4_05_01 
まずは腕と頭の可動。
なんか、ちとマヌケな格好ですが…

腕は肩アーマーがあるので水平以上は上がりません。

しかし、フィギュアーツには毎回可動の広さに驚かされますね~
ちなみに、肩は…

SHFG4_05_02
こんな感じ。
まぁ、いつものフィギュアーツですね。

SHFG4_05_03 
ムッキムッキ!
…ではなく、足と腕と腰の関節の可動です。

SHFG4_05_04 
可動には特に不満な点はありません。

次は、いろいろポーズをとらせてみたいと思います!

SHFG4_06_01 
まずは、ギガントをかまえたポーズから。
自分がまだまだ未熟なせいもあるかもしれませんが、このポーズはギガントを固定するのが結構大変でした。
照明の熱のせいで手首などのPVCパーツが軟化してきて、さらに固定しにくくなって困りました。
肩アーマーの形状が“なで肩”なので、安定して肩に乗せるのは難しかったという印象です。

SHFG4_06_02 
背面からです。
“よっこいしょ”という感じでしょうかw

SHFG4_06_03
ギガント本体とコネクトケーブルは、こんな具合に差し込みます。
けっこう簡単に抜けるので、ポーズを作った後に差し込むと良いかもしれません。
 
SHFG4_06_04
ベルトとコネクトケーブルの接続はこんな感じ。
こちらは、しかっりと固定されて外れにくい印象でした。

SHFG4_06_05 
ギガントはこんな風に持たせることも可能です。

SHFG4_06_06 
GX-01改4式を構えたポーズです。
肘の関節の可動範囲の広さが活きてます。

SHFG4_06_07 
なんか「08MS小隊」な感じになってしまいました…www
 
SHFG4_06_08 
基本的な撃ちポーズもばっちり決まります!

SHFG4_06_09 
「うわあああああああああっ!!」
G4を装着した人間には多大な負荷がかかり、やがては命を落とす…
映像中ではここまで苦しんではいなかった気もしますが、
G4といえば「死を背負っている」イメージなので苦しませてみました。
軽く開いた手首のパーツは、こういう風にも使えますね。

SHFG4_06_10 
というわけで、G4にいろいろとポーズをつけてみました。
何回か書いていますが、S.H.フィギュアーツは本当に可動が素晴らしいので、
さまざまなポーズがとらせられます。
このG4は他のライダーに比べて、
素体に干渉するパーツが多い方だとは思いますが、
特にそれを意識することもなく楽しめました。
アクションベースがあれば、
もっとダイナミックなポーズも取らせることができるのではないかと思ってます。
Yドバシカメラで購入してきます!www

初めてこういう写真ブログを始めましたが、写真の技術や被写体のポージングのセンス、
文章力など自分の中での課題はまだまだたくさんありますが、
これからも魅力的なフィギュアのレビューを書いていこうと思ってます。

それではまた!



関連記事
スポンサーサイト

Comment

ひでまる says... "ついに!!"
どうもです!!
つ・遂に、、、噂のブログがロール・アウトしたようですね!!!
早速、ブクマの上、楽しみにさせてもらいます!!!
2010.05.30 20:53 | URL | #mQop/nM. [edit]
恒点観測員342号 says... "Re: ついに!!"
> どうもです!!
> つ・遂に、、、噂のブログがロール・アウトしたようですね!!!
> 早速、ブクマの上、楽しみにさせてもらいます!!!

ひでまるさん、どうもありがとうございます!
ロールアウト前はいろいろアドバイスいただいて感謝です。
ご覧のとおり、かなりひでまるさんのブログを参考に作っております。
ここを出発点として、どんどん独自に進化させていければなと思ってます!
とりあえずは、マメに更新を続けてくことを目標にやってきます!
2010.05.30 22:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/3-1d5e6bcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。