俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

ULTRA-ACT(ウルトラアクト) グリッドマン

ua_gridman_00title.jpg
こんばんは!
今夜の特撮フィギュアは、待ちに待ったULTRA-ACT(ウルトラアクト)の 電光超人グリッドマンです!
ULTRA-ACTで発売されると知ったときはかなり驚きました!(しかも一般販売!)
ウルトラマン以外の円谷ヒーローでアンドロメロスの次にコイツがくるとは!
グリッドマンは、伊藤がリアルタイムで初めてみた円谷作品なので、
個人的にすごく思い入れの強いキャラクターです。

ではさっそくパッケージから見てみましょう。
ua_gridman_01.jpg
ウルトラマンではないので、パッケージのデザインもいつものULTRA-ACTと違います。
グリッドマンのオープニングタイトルっぽくアレンジされているのが、
当時見ていた僕にとっては熱いです!!

ua_gridman_09.jpg
開封直後。
グリッドマンソードなども付いているのも嬉しい!

ua_gridman_03.jpg
前面と背面。

ua_gridman_02.jpg
斜めと側面。

ua_gridman_55.jpg
大きさは、ウルトラマンよりも少し小さくできています。
これが唯一残念な点。
すでに発売が決定しているサンダーグリッドマンにするために小さく作られているのでしょうか?
しかし、よく見てもらえればわかりますが、
腕や脚の太さはウルトラマンと同じか、ウルトラマンより太くできている部分もあります。
手足とボディのバランスがディフォルメされているので、
ロボット系のフィギュアとバランスが似ている?のか、
力強い印象を受けます。

ua_gridman_16.jpg
ua_gridman_15.jpg
ua_gridman_17.jpg
ua_gridman_18.jpg
こういうファイティングポーズをとると、特に力強く感じます。
拳が大きいですからね。

グリッドマンのファイティングポーズは重心が低くて、
手は握りこぶし。
あ〜、当時見てた映像が頭の中によみがえってきました(^^)
なつかしぃ〜!!

ua_gridman_04.jpg
頭部。
よく「ウルトラマン」+「ガンダム」とか言われているのを耳にしましたが、
たしかにそんな感じがしますね。

もともとは、少年の作ったCG画に実体を持たぬエネルギー体「ハイパーエージェント」が
憑依したという設定だから、男の子らしいヒーローっぽいデザインですね。
ウルトラマンと違って神秘性は薄いですが、
わかりやすいヒーローデザインで良いのではないでしょうか。
ウルトラマンばっかりみていると、こういうヒーローデザインも新鮮!

ua_gridman_38.jpg
胸の青と、中心の黄色の部分はクリアパーツでとても美しい仕上がりです。

ua_gridman_43.jpg
背中。
昔から気になっていたのですが、これは電池パック??
当時タカラから発売されていた音の鳴る人形では、
本当にこの部分に単四電池を入れる仕様になっていましたww

ua_gridman_37.jpg
肩のパーツはこのようになっているので、
予想よりも可動範囲が広いです。

ちなみに…
ua_gridman_46.jpg
肩のパーツはこうやって畳むことができます。
これからサンダーグリッドマンのパーツを装着する際には
こうやってたたむんでしょうねぇ〜

ua_gridman_45.jpg
脚。
黄色い部分は塗装ではなく別パーツです。
脚の白い部分はパール塗装がされています。
べたっとした白じゃないのが良いですね。
(ちなみに腕も同じです)

ua_gridman_44.jpg
足首のまわりに一周している白いパーツは、
足首本体と軸で連動して動くようになっています。

ua_gridman_52.jpg
パッケージにキックのポーズが載っていたので、再現してみました。
腰があまり動かないので、キックポーズもこれが限界かなと。

ua_gridman_05.jpg
ちなみに背中には、本体に直接ダボ穴が空いており、
魂STAGEを使えるようになっています。
ウルトラマンのようにパーツを付け替えて魂STAGEと接続するという
処理はありません。

ua_gridman_21.jpg
ua_gridman_20.jpg
こうやって必殺技のグリッドビームを発射していましたね。

ua_gridman_39.jpg
アクセプターもしっかりと色が塗り分けられています。

ua_gridman_49.jpg
グリッドビームのエフェクトパーツ。
アクセプターの中心にある黄色いパーツを取り外して、
このエフェクトパーツを取り付けます。

ua_gridman_23.jpg
「グリッドォ…ビーーーム!!!」

ua_gridman_24.jpg
やっぱりエフェクトパーツを付けるとかっこいいですね!
ビームの根元にある光が拡散している部分が激しくて良いです!
(それにしても、最近のエフェクトパーツはシャープにできすぎていて触ると痛いですねw)

続いて、付属品の武器。
ua_gridman_47.jpg
プラズマブレード。

ua_gridman_51.jpg
バリアシールド。

ua_gridman_06.jpg
バリアシールドは可動式です。

ちなみに、プラズマブレードとバリアシールドにはどちらもメッキパーツが使われています。
(ULTRA-ACTでは初めて??)

ua_gridman_26.jpg
ua_gridman_27.jpg
さて、武器を持たせてどういうポーズをとらせればよいのかなぁ。
実はリアルタイムで見てたのに、この武器を使っているシーンを思い出せない!
また再び本編を見て復習したくなりました!(^^;;)

思い出せないので、テキトーにポーズ。
ua_gridman_30.jpg
ua_gridman_31.jpg

ua_gridman_48.jpg
つづいて、グリッドマンソード。
プラズマブレードとバリアシールドを合体させて作る武器です。
(このフィギュアでは合体できません)

ua_gridman_36.jpg
ua_gridman_33.jpg
ua_gridman_35.jpg
これもどんなポーズ付けたら良いのかわかんなかったんだよなぁ〜(><;;)
(テキトーすんません)

ua_gridman_50.jpg
ちなみにこのフィギュアに付属していた交換用手首は全部で6種類。
武器を握る手が2種類ずつあります。
これはおそらくプラズマブレードとバリアシールドのグリップ部分の太さが違うので、
それに合わせて2種類あるのだと思います。


というわけで、いそぎでレビューしたので超ざっくりした内容でしたが、
ULTRA-ACTのグリッドマンでした。
通常のULTRA-ACTよりサイズが小さいことだけが気になる所です。

それ以外は特に不満なし。
改めてグリッドマンのカッコ良さを感じました。
それから、もう一度本編が見たくなりました(^^)

そういえば、先ほども言いましたが、
サンダーグリッドマンが一般販売されることがもう決まっているようですね。
なんかすごいなぁ。。。

魂ウェブ サンダーグリッドマン

このページ↑を読んでいるかぎりでは、
サンダーグリッドマンのパーツはゴッドゼノンに変形はできなさそうですね。
あくまで装着を楽しむフィギュアということなのかな。
う〜ん、ゴッドゼノンは大好きなメカだったからちょっと寂しいなぁ。
いずれにしても楽しみです。

ua_gridman_25.jpg

…あ、だれかこのグリッドマンを改造して「グリッドマンシグマ」作ってよ!!ww

ua_gridman_34.jpg
というわけで、また!ww




関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/313-625d7277