俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

中国版アクションヒーローシリーズ ウルトラマンゼノン

actionhero_ultramanzenon_title.jpg

今回も前回に引き続き、中国版アクションヒーローシリーズの紹介です。

前回のウルトラマンパワードの記事はこちら
http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/blog-entry-329.html

さて、今回のキャラクターはウルトラマンゼノンです!
ウルトラマンマックスに登場した「平成のゾフィー」と呼ばれる仲間のウルトラマンです。
あくまでサブキャラなので、なかなか商品化に恵まれていないキャラクターでもあります。
なので、パワードと同様にアクションフィギュアになっているのは、日本ではとてもレアですね。

では、いつものようにパッケージから。
actionhero_ultramanzenon_package.jpg
キャラクターが変わっているだけで、パワードとほぼ同じ仕様です。
背面の説明文も同じです。

actionhero_ultramanzenon_03.jpg
actionhero_ultramanzenon_04.jpg
actionhero_ultramanzenon_05.jpg
ボディのパーツ分割、可動域などはすべてウルトラマンパワードと同じです。
1つの素体を使っていくつものキャラクターを作ってしまう強引さに脱帽です(笑)。
日本国内ではこんなことできないだろうなぁ。。。

actionhero_ultramanzenon_07.jpg
ゼノン特有のボディにある多角形の凹凸も塗装で処理されています。
もはや感覚がマヒってきましたw
もうこれでも良い気がするww

actionhero_ultramanzenon_09.jpg
光線のポーズも、手のひらが拳なのでどうしようもない。
(これは国内のアクションヒーローシリーズも同じ)

actionhero_ultramanzenon_08.jpg
actionhero_ultramanzenon_10.jpg
actionhero_ultramanzenon_11.jpg
テキトーにポーズを何枚か。

音声は3種類あり、背面のボタンを1回押すごとにローテーションで鳴ります。
3種類は以下の通り。
・光線の音1?
・光線の音2?
・かけ声+ピキーン!
正直、何の音なのかよくわかりません…(><;
(登場して闘っているところ少なすぎ)


つづいて、ULTRA-ACTのウルトラマンマックスと共演。
actionhero_ultramanzenon_14.jpg
actionhero_ultramanzenon_13.jpg
actionhero_ultramanzenon_16.jpg
なんという造形の差!ww
実はこのマックスも顔が平べったくてあんまりULTRA-ACTとしても出来が良くないなと感じていたのですが、このように比較してしまうと、まぁこれでもいいか…となってしまいますw
中国版アクションヒーローシリーズは、いろいろと感覚をマヒらせてくれますww

ちなみに、伊藤は購入していませんが、中国版アクションヒーローシリーズにはウルトラマンマックスもラインナップされているようです。

actionhero_ultramanzenon_12.jpg
というわけで中国版アクションヒーローシリーズのウルトラマンゼノンでした。

前回と今回で中国版アクションヒーローシリーズを見てきましたが、このクオリティでは日本国内で売れないでしょうねぇ。
いや、食玩以上玩具以下というぐらいの位置づけだとまだ売れるかな?(価格も500円前後)

まぁ、そんなことを考えた商品でした。
中国ではまだまだ日本国内では売られていなかったような商品がバンダイから発売されているのではないでしょうか?
これは現地調達をしたくなってきました。
PM2.5なんかに屈せず、中国本土に突撃したいものです(^^)

それではまた!



関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/330-a6d69a8a