俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドマスター社製ゴジラのフィギュア

TrendMaster_Godzilla_title.jpg
こんばんは。
今日の特撮フィギュアはアメリカのゴジラのフィギュアです。

そういえば、先日アメリカのサンディエゴで行われたコミコン(コミックコンベンション)で
S.H.モンスターアーツのバーニングゴジラが会場限定で発売されたようですね!
(詳しくはコチラ※英語記事です)
今の日本よりアメリカの方がゴジラが盛り上がってんじゃね??
と思わず思ってしまうニュースです。
日本でも売って欲しいですね。
(伊藤はなんとかFacebookで知り合ったアメリカの友達のツテを使って手に入れたいと思っています)

今回紹介するのは、アメリカで1993年に売られていたという
トレンドマスター社製のゴジラのフィギュアです。
こんなんです↓
TrendMaster_Godzilla_00.jpg
洋トイがお好きな方なら、専門店で見かけられたことがあるのではないでしょうか?

伊藤は日本のゴジラのソフビには飽き足らず、
ついにこんなフィギュアにまで手を出してしまいましたw

ではさっそく中身を見てみましょう。
TrendMaster_Godzilla_001.jpg
TrendMaster_Godzilla_07.jpg
TrendMaster_Godzilla_08.jpg
本体は約12cm。
顔・手足・尻尾の先はPVC製。
本体はプラ製です。

顔の塗装が厚塗りで、終止ベタベタしてます(><;)

造形は…なんというか、これはVSシリーズのゴジラでしょうか?
独特のアレンジと頭身が日本国内の製品ではありえない造形です。

そういえば、トレカも同梱されてました。
TrendMaster_Godzilla_000.jpg
このアメコミ調のイラスト、カッコいいじゃないですか!!
そうか、トレカから考えるとこのフィギュアは、
「アメコミ版平成ゴジラ!!」
と考えるとしっくりくるなぁ~。

ちなみにこのゴジラ、
電池を仕込むことができます。
TrendMaster_Godzilla_03.jpg
電池を仕込めるのです。
尻尾の下にあるネジを開けて、LR44ボタン電池を3個セットします。
すると…
TrendMaster_Godzilla_14.jpg
目が赤く光るわけです!

TrendMaster_Godzilla_002.jpg
点灯前(左)と点灯後(右)ではかなり印象が違いますね~
赤く光らせるとは、なんともアメリカ人的な発想??
もはや、怪獣というよりモンスター?

伊藤は、これはこれでなかなかかっこいいと思うんですよね~

TrendMaster_Godzilla_003.jpg
胸に突起状のボタンがあります。
押すと、目の点灯が消える…かと思いきや、
反応無し!!
接触不良かなぁ?
何度やっても上手くいきません。
もう20年近く前のフィギュアだしなぁ。

というわけで、
電池を入れている間中ず~っと目が光りっぱなしでしたwww

可動はこんな感じ↓↓
TrendMaster_Godzilla_11.jpg
TrendMaster_Godzilla_16.jpg

TrendMaster_Godzilla_17.jpg
S.H.モンスターアーツのゴジラと比較。

TrendMaster_Godzilla_18.jpg
顔の比較。

まぁ、造形の善し悪しとかいうレベルの話ではなくて、
このフィギュアのアレンジを楽しみましょう~ww

TrendMaster_Godzilla_12.jpg
TrendMaster_Godzilla_13.jpg
最後にやや煽りで撮った写真を。

TrendMaster_Godzilla_04.jpg
というわけで、トレンドマスター社ゴジラのフィギュアでした。

少しトレンドマスター社について補足しておくと、
この会社は、このゴジラのフィギュアシリーズで
アメリカでは有名になったメーカーのようです。
ゴジラ以外にもインデペンデンスデイやマーズアタックのフィギュアを作っていました。
あの悪名高き?アメリカ版ゴジラ(1998)のフィギュアを
大量に作っていたのも、このメーカーです。
そのアメリカ版ゴジラが大コケしたせいかどうかはわかりませんが、
どうやら、トレンドマスター社は今は企業として現存していないようです。

もはや再販されることの無い、レアなフィギュア?なのかもしれません。


【オマケ】
トレンドマスター社のゴジラのフィギュアは、
サイズや種類をかなり作っていたようですね。
伊藤もその全貌は把握していませんが、
このゴジラ以外の4体の怪獣を持っています。

TrendMaster_Godzilla_25.jpg
TrendMaster_Godzilla_28.jpg
メカゴジラ!
これの造形はバンダイっぽいですよね。
似てます。
ゴジラとまったく頭身が違うけど、アメリカの子供達は気にならなかったのでしょうか?

TrendMaster_Godzilla_22.jpg
TrendMaster_Godzilla_23.jpg
メカキングギドラ!
これも独自のアレンジがありますね~。
目がまんまるで赤いです。
メカじゃない方の顔が、より西洋のドラゴンっぽい造形になっていますね~
翼のディティールが好きです!

TrendMaster_Godzilla_26.jpg
TrendMaster_Godzilla_27.jpg
モスラ(成虫!)
丸い!
丸すぎる!!
メタボモスラ!
どうしてこんなに羽が小さくなってしまったんでしょうねぇ~www

TrendMaster_Godzilla_24.jpg
TrendMaster_Godzilla_29.jpg
ラドン!
かっこいいぞ!!
これはVSシリーズのラドンに昭和の体型を被せた感じですねw
アレンジが濃いですね~
VSシリーズのときにどうせ復活するならこういう形で復活して欲しかったです。

伊藤はこのラドンがイチバンのお気に入りですww

というわけで、また!

dedirama-banner.jpg






関連記事
スポンサーサイト

Comment

ogawa hideki says... "パッケージ"
おお、これはこれで味のあるフィギアですよね。確かに、今現在では、本国である日本よりもアメリカでの方が人気がありそうな感じですね。なんでだろ。アメリカでは、いまでもゴジラシリーズをテレビで放映しているのかな。
フィギアは、なかなかいい感じなのに、パッケージ柄の、なーんかたるんだ顔のゴジラはなんとかならなかったんだろうか?
2012.07.22 22:17 | URL | #- [edit]
itonobuhiko says... "Re: パッケージ"
ogawaさん、コメントありがとうございます!
パッケージの顔、そういえばたるんでるような気がしますね。。。パッケージの裏表や中のフィギュアの顔等、全体的に統一感がなくムラがありますね~。
それもこのフィギュアの味だと思っています。
そもそも国内でこのセンスはあり得ませんからね。
アメリカで、ゴジラで盛り上がってるのはとても羨ましい気がします。
2012.07.24 23:15 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/39-b160b8d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。