俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M1号 ケムール人(三期)

 DSCF3842.jpg
今回の特撮フィギュアは、伊藤にとって思い出深いソフビの紹介です。
M1号のケムール人(三期)です。
もう、伊藤はこのソフビが大好きなんです!
一生、手放しません!
死んだときは一緒に燃やしてください!
それくらい思いの強いソフビフィギュアです。

~以下、伊藤の思い出話~

私がこのケムール人を知ったのは、1991年の冬頃だったと思います。
小学生だった私は、当時最新のウルトラマンだったグレートが表紙に載っているこの本を両親に買ってもらいました。
ホビージャパンエクストラ 91年冬の号 THE ULTRA 
ホビージャパンエクストラです。
いま思えば、なぜうちの親は小学生にこんな本を買い与えたのでしょうw

まぁそれはいいとして。

この本の中にM1号製のケムール人の記事が載っていたのです。
私はそのケムール人の写真を見て、一気にそれがほしくなりました。
(写真は1期のマルサン版と2期のブルマァクカラー版が紹介されていました)

当時は、まだバンダイのスタンダードソフビにケムール人はなかったのもあり、ケムール人のフィギュアという存在自体がとても魅力的に感じたものです。
また、当時の私は、小学生だったにもかかわらず、マルサン/ブルマァクのレトロなソフビが欲しくてしょうがありませんでした。
しかし、小学生に、骨董品として取り扱われていたそれらソフビを買えるはずもありません。

小学生の私にはマルサン、ブルマァク製のソフビは憧れの対象でした。

なので、このケムール人は当時のテイストを持ちながらも、昔のソフビより安価だったことが感激だったのです!

しかし。。。
90年代初頭といえば、いまのようにコレクターズショップが多くあるような時代ではなく、ましてや行動範囲の狭い小学生はこのケムール人でさえ買える代物ではなかったのです。
近所のおもちゃ屋を必死になって巡りましたが、売っているわけもなく、結局買えずに悔しい思いをしたのを今でも覚えています。

そして、年月が過ぎて、大学生のある日。

ヤフーオークションでM1号製のケムール人を見つけたのです!
小学生の頃に思った「欲しいっ!」という気持ちはまだ私の心の中にしっかり残っていたんですね。
たいしてお金があるわけでもないのに、頑張って落札しました。

それが今回紹介するこのケムール人です。

DSCF3843.jpg
残念ながら、小学生の頃に見たブルマァク版ではなかったのですが、当時のHJエクストラで見たケムール人とまったく同じ形をしているこのソフビを手に入れられて、とても感激していました。

~思い出話終~

前置き話が長くてすいません。
子供の頃に見たフィギュアでも、ネットを探せば見つかるかもしれない…
こういう良い時代が来てくれて本当によかったなぁ~と、このケムール人を見ていると思うんです。
 DSCF3847.jpg

DSCF3851.jpg 

DSCF3858.jpg 

DSCF3869.jpg 

DSCF3870.jpg 
今回はちょっと(てか、ガッツリ?)思い出話をしてしまいましたw
昔のことを思い出すと、当時の自分は、なんとマニアックな小学生だったんだろうと思ってしまいます。
あの頃の私は「ブルマァクのエビラが欲しい!」とよく両親に言っていたそうですww

それでは、また!






関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/86-7e2276bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。