俺の特撮フィギュア感

ウルトラマン・ゴジラ・仮面ライダー...特撮フィギュアのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

figma仮面ライダーウイングナイト

 figma-MRwingknight165+.jpg
今回はfigmaの仮面ライダーウイングナイトです。
昨年末にレビューしたドラゴンナイトと同シリーズです。
当初、ウイングナイトは購入する予定ではなかったのですが、ドラゴンナイトが予想以上にスペックが良かったおかげで、ウイングナイトも買っちゃいました。
こちらもドラゴンナイト同様、かなり良い出来になっています。

それでは、見ていきましょう。

figma-MRwingknight36.jpg 
直立。
figmaはフィギュアーツに比べて、なぜかポーズをとらせやすい印象があります。

翼召剣ダークバイザー(龍騎での名称)はベルトの脇にあるホルスターに差し込むことができます。

figma-MRwingknight150.jpg 
アドベントカードはドラゴンナイトの時と同様にプリントされているので、
手にしっかりと差し込むことができます。

figma-MRwingknight162.jpg 
目の部分はクリアパーツではありません。
パッケージ写真ほどアゴが引けない気がしました。

figma-MRwingknight42.jpg 
やっぱり、股関節のパーツを隠してあるおかげでかなりリアルな雰囲気になります。

figma-MRwingknight48.jpg 

figma-MRwingknight25.jpg 

figma-MRwingknight57.jpg 

figma-MRwingknight65.jpg


figma-MRwingknight67.jpg


figma-MRwingknight50.jpg 


figma-MRwingknight71.jpg 
やや剣の持ち手がユルい気もしますが、
剣を持たせたポーズはバッチリ決まります!

figma-MRwingknight82.jpg 
「うおおおぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」


figma-MRwingknight129.jpg 

figma-MRwingknight103.jpg 
ウイングランサー(龍騎での名称)も付属。
持ち手首のパーツはダークバイザーを持つ時のパーツと同じ。

figma-MRwingknight91.jpg 
ダークウイング(DKでの名称はブラックウイング)のマントは布製。
中に針金が仕込んであり、動きをつけることができます。
ただし、私が下手なだけかもしれませんが、このマントを上手くなびかせるのにはセンスが必要です。

figma-MRwingknight6.jpg 

figma-MRwingknight93.jpg
ウイングランサーの金色はキレイに塗り分けられています。

figma-MRwingknight117.jpg 
ファイナルベントの「飛翔斬」を再現してみました!

…けど、あんまり雰囲気でなかったですね(苦笑)

figma-MRwingknight123.jpg 



figma-MRwingknight142.jpg 
ドラゴンナイトとツーショット。

figma-MRwingknight161.jpg
日本版の龍騎と違い、共闘することが多いので、こういう撮り方をしてもあまり違和感がありません。



figma-MRwingknight138.jpg

figma-MRwingknight140.jpg
「トリックベント!」
弟が買ったウイングナイトを使って再現してみました。
あともう1体あればもっとそれらしかったんですがね~。

ドラゴンナイトになりたてのキットをレンが特訓しているイメージです。

この構図も、日本の龍騎では全然意味合いが変わってくるのがオモシロいところです。

figma-MRwingknight151.jpg 
というわけで、figma仮面ライダーウイングナイトのレビューでした。

クールな印象なので、ブラックの背景が良い雰囲気になるのではと思ったのですが、
濃い青色のボディが背景に溶け込んでしまい、なかなかしっかりと撮影することができませんでした。
ライティングは本当に大切ですね。

さて、このアメリカ版龍騎こと「仮面ライダードラゴンナイト」ですが、
日本で放送した回以降の話がとてもオモシロいです!
なんであそこで放送を打ち切ったのか、ほんとうに悔やまれます。

いまDVDの8巻を見終わったばかりですが、ここまできたら、もうほとんどが新撮のアクションシーンばかりで毎回見応えがあります。
少しネタバレになりますが、仮面ライダーラス&ストライク(オーディン&王蛇)VS仮面ライダーウイングナイト&セイレーン(ナイト&ファム)の死闘が何回も見れるんです!
なにせセイレーンがかなり活躍するので、日本版では見られなかった強いファムを見ることができるのが嬉しいですね。(ラスと1対1で互角に戦うんです!)

新撮のアクションシーンだけでなく、ドラマの方もとても見応えがありオモシロいですょ。

『仮面ライダードラゴンナイト』は平成仮面ライダー好きならば絶対に見なくてはいけないシリーズだと、あえて私は言い切ります!!!


さぁて、次は仮面ライダーセイレーンと、ストライクと、ラスが欲しいなぁ~。
すでに私の中では購入決定ですけどねww

《END》

関連記事
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tokusatsutokusoutai.blog106.fc2.com/tb.php/88-12ffdafc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。